MOVIE
ARTIST
SHOP
TIME TABLE
MAP
ACCESS
TICKET
74

森道市場2012 笹倉 慎介

笹倉 慎介 SHINSUKE SASAKURA1981年生まれ。フォークやカントリーをベースに、ブルース、ロックからポビュラーソングなど様々なルーツ音楽をバックボーンにもつシンガーソングライター。2008年 1stアルバム「Rocking Chair Girl」を発表。2011年 自身のレコーディングスタジオでのバンドセッションを収録したミニアルバム「Country Made」をリリース。全国各地での弾き語りライブのほか、NHK Eテレでは「2355」のおやすみソング... <strong>笹倉 慎介 SHINSUKE SASAKURA</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/artist1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/artist1.jpg" alt="artist1.jpg" border="0" width="500" height="515" /></a><br /><br />1981年生まれ。<br />フォークやカントリーをベースに、ブルース、ロックからポビュラーソングなど様々なルーツ音楽を<br />バックボーンにもつシンガーソングライター。<br />2008年 1stアルバム「Rocking Chair Girl」を発表。<br />2011年 自身のレコーディングスタジオでのバンドセッションを収録した<br />ミニアルバム「Country Made」をリリース。<br />全国各地での弾き語りライブのほか、NHK Eテレでは「2355」のおやすみソングや<br />「0655」のおはようソングのヴォーカルを担当。<br /><br />ライブでは空間の持つ響きに寄り添う演奏スタイルを大切に、<br />繊細なタッチでつま弾かれるアコースティックギターからフラットピッキングまで<br />バリエーション豊かな音色と歌声が、心地よい臨場感でオーディエンスを包み込んでゆく。<br /><br /><a href="http://guzuri.com/" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=sReeE37hglo" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
56

森道市場2012 SCOOBIE DO(スクービードゥー)

SCOOBIE DO(スクービードゥー)ROCKとFUNKの最高沸点"Funk-a-lismo!"貫くサムライ四人衆。1995年結成、2001年にナガイケジョー(B)が加入し現メンバーとなる。2006年に自身のレーベル「CHAMP RECORDS」を旗揚げ。以降、精力的にライヴ活動を展開。2011年10月には通算9枚目となるオリジナルフルアルバム『MIRACLES』をリリース。リリースツアーとなる全国ツアー『Funk-a-lismo! vol.7』(全25公演)も大成功をおさめる。ゲストバンドと... <strong>SCOOBIE DO(スクービードゥー)</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/SCOOBIEDOb.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/SCOOBIEDOb.jpg" alt="SCOOBIEDOb.jpg" border="0" width="500" height="712" /></a><br /><br />ROCKとFUNKの最高沸点"Funk-a-lismo!"貫くサムライ四人衆。<br />1995年結成、2001年にナガイケジョー(B)が加入し現メンバーとなる。<br />2006年に自身のレーベル「CHAMP RECORDS」を旗揚げ。<br />以降、精力的にライヴ活動を展開。<br />2011年10月には通算9枚目となるオリジナルフルアルバム『MIRACLES』をリリース。<br />リリースツアーとなる全国ツアー『Funk-a-lismo! vol.7』(全25公演)も大成功をおさめる。<br />ゲストバンドとのセッションが毎回話題となる『Root &United』や、<br />レア曲・カバー曲のみで構成されたライヴパーティー『DOの部屋』など、<br />自主イベントも大絶賛開催中。<br />"LIVE CHAMP"の名に恥じぬその圧倒的なライヴパフォーマンスと、<br />完全自主運営なインディペンデント精神が若年層を中心に熱烈な支持を受けている。<br />最新作は今年7月にリリースされた、<br />怒髪天とのコラボ盤『恋のレキシカンロック / おんな』。<br /><br /><a href="http://www.scoobie-do.com" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=yJfGJvRQXyw" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
55

森道市場2012 栗コーダーカルテット

栗コーダーカルテット栗原正己:リコーダー、ピアニカ、アンデス他 soprano recorder, melodica,crumhorn, etc...川口義之:リコーダー、パーカッション、サックス他 alto recorder, bodhran, saxophone, etc...近藤研二:リコーダー、ギター、ウクレレ他 tenor recorder, guitar, ukulele, etc...関島岳郎:リコーダー、テューバ、口琴他 great bass recorder, tuba, jews harp, etc...【profile】それぞれに作編曲家そして演... <strong>栗コーダーカルテット</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/kuricorder_photo1b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/kuricorder_photo1b.jpg" alt="kuricorder_photo1b.jpg" border="0" width="500" height="513" /></a><br /><br />栗原正己:リコーダー、ピアニカ、アンデス他<br /> soprano recorder, melodica,crumhorn, etc...<br />川口義之:リコーダー、パーカッション、サックス他<br /> alto recorder, bodhran, saxophone, etc...<br />近藤研二:リコーダー、ギター、ウクレレ他<br /> tenor recorder, guitar, ukulele, etc...<br />関島岳郎:リコーダー、テューバ、口琴他<br /> great bass recorder, tuba, jews harp, etc...<br /><br /><strong>【profile】</strong><br /><br />それぞれに作編曲家そして演奏家の顔を持つ四人が、<br />何故かリコーダーを携えてお気楽に活動を開始。<br />1997年に1stアルバムを発表。栗原作曲の「ピタゴラスイッチ」、<br />近藤作曲の「つみきのいえ」(2009年度アカデミー賞受賞)、<br />関島とUAの共作、みんなのうた「PoPo Loouise」など、映像を含む関連作品も多い。<br />2005年にカバーしたスター・ウォーズ「帝国のマーチ」のヒット以降、<br />ウクレレや身近な楽器を使った脱力系バンドという側面がクローズアップされ、<br />メディアで取り上げられることもしばしば。<br />過去の共演アーティストは、春風亭昇太、あがた森魚、吉澤実、<br />THE SUZUKI(鈴木慶一+博文)、劇団ダンダンブエノ、竹中直人、原マスミ、<br />UA、湯川潮音、GOING UNDER GROUND、渋さ知らズオーケストラ、<br />相対性理論など幅広い分野に渡る。今年4月、<br />ユニバーサル・ピクチャーズ創立100周年を記念した<br />オフィシャルカバーアルバム「ウクレレ栗コーダー2」をリリース。<br />続けてヨーロッパ&バンコクツアーを敢行し、大盛況のうちに終了。<br /><br /><a href="http://www.kuricorder.com/" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=cbQiSIbP868" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a><br />
54

森道市場2012 OGRE YOU ASSHOLE(オウガ ユー アスホール)

OGRE YOU ASSHOLE(オウガ ユー アスホール)出戸学(ギター、ボーカル)馬渕啓(ギター)勝浦隆嗣(ドラム)最新アルバム「100年後」 2012/9/19 Releaseホームページはコチラ動画はコチラ... <strong>OGRE YOU ASSHOLE(オウガ ユー アスホール)</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/OYAb.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/OYAb.jpg" alt="OYAb.jpg" border="0" width="500" height="689" /></a><br /><br />出戸学(ギター、ボーカル)<br />馬渕啓(ギター)<br />勝浦隆嗣(ドラム)<br /><br />最新アルバム「100年後」 2012/9/19 Release<br /><br /><a href="http://www.ogreyouasshole.com" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=llO9KFfPQu0" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
53

森道市場2012 mouse on the keys

mouse on the keysBIOGRAPHY日本におけるポストハードコア/ポストロックシーンのパイオニアバンドのひとつであるnine days wonderの元メンバーであった川崎昭(リーダー、ドラム、ピアノ)と清田敦(ピアノ、キーボード)により2006年mouse on the keys(以下motk)は結成された。2007年 日本のインスト・ポストロックの雄toeの主宰するMachupicchu Industriasより1st mini album"sezession"をリリース。この頃新留大介(ピアノ、... <strong>mouse on the keys</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/mouseonthekeys120423_2b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/mouseonthekeys120423_2b.jpg" alt="mouseonthekeys120423_2b.jpg" border="0" width="500" height="376" /></a><br /><br />BIOGRAPHY<br />日本におけるポストハードコア/ポストロックシーンのパイオニアバンドのひとつである<br />nine days wonderの元メンバーであった川崎昭(リーダー、ドラム、ピアノ)と<br />清田敦(ピアノ、キーボード)により2006年mouse on the keys(以下motk)は結成された。<br />2007年 日本のインスト・ポストロックの雄toeの主宰するMachupicchu Industriasより<br />1st mini album"sezession"をリリース。この頃新留大介(ピアノ、キーボード)が<br />加入し現在のトリオ編成が形成される。<br />2009年 1st full album"an anxious object"(Machupicchu Industrias)リリース。<br />東京の街並みを中心とした映像をバックに投影しながらDrum+2pianos+2Keyboardsから<br />繰り出される繊細かつダイナミックなライブが評判を呼び、<br />同年9月 渋谷O-eastにて行われた"an anxious object"リリースツアーファイナルは<br />ソールドアウト。以降、朝霧jamやkaikoo,Taicoclubなどの野外フェスティバルに<br />多数出演するようになる。<br />2010年3月 "sezession"と"an anxious object"を海外リリース。<br />それに伴いEU圏を中心にツアーを行う。延べ10,000人を動員し好評を博す。<br />2011年3月に行われた3rd EU tourの模様を収めた初のDVD作品"irreversible"を<br />同年9月にリリース。また、このtourの際に見舞われた東日本大震災を受け、<br />mouse on the keys×灰汁による完全一発録りのライヴ・セッション4曲を音源化し、<br />DIY hearts、iTunes Store、OTOTOY、レコチョクにてネット配信限定リリース。<br />被災された方たちに一部手数料を除いた全額を義援金として寄付を行う。<br />2012年7月18日new ep"machinic phylum"をMachuPicchu INDUSTRIASよりリリース。<br />昨年から話題のJT缶コーヒーRoots AROMA BOTTLE CM曲や<br />US アンダーグラウンド・ハウス・シーンを牽引する存在Levon Vincent との<br />コラボレーション曲"memory"など全4曲収録。<br /><br /><strong>mouse on the keys</strong> <br /><a href="http://www.mouseonthekeys.net/" target="_blank" title="http://www.mouseonthekeys.net/">http://www.mouseonthekeys.net/</a><br /><a href="http://www.facebook.com/pages/Mouse-On-The-Keys/102395546473970" target="_blank" title="http://www.facebook.com/pages/Mouse-On-The-Keys/102395546473970">http://www.facebook.com/pages/Mouse-On-The-Keys/102395546473970</a>   <br /><a href="http://twitter.com/mouseonthekeys " target="_blank" title="http://twitter.com/mouseonthekeys ">http://twitter.com/mouseonthekeys </a><br /> <br /><strong>Machupicchu Industrias</strong> <a href="http://www.machupicchu-industrias.com/" target="_blank" title="http://www.machupicchu-industrias.com/">http://www.machupicchu-industrias.com/</a><br />Denovali Records <a href="http://www.denovali.com/" target="_blank" title="http://www.denovali.com/">http://www.denovali.com/</a><br /><br /><strong>【TV Commercial Works】</strong><br /><br />JT Roots アロマボトルシリーズ「No.1の男」篇<br />作曲:川崎昭<br />演奏:mouse on the keys<br /> <br />キューピーハーフ「カサブランカとタジン鍋編」<br />作曲:川崎昭/三宅純(トランペット)<br />演奏:mouse on the keys & 三宅純(<a href="http://www.junmiyake.com/" target="_blank" title="http://www.junmiyake.com/">http://www.junmiyake.com/</a>)<br /> <br />Panasonic LAMDASH <br />作曲:川崎昭<br />演奏:川崎昭/中村圭作<br /> <br />SHISEIDO マキアージュ 『指先』篇<br /><a href="http://aiin911.com/cm-works/shousai.php?id=84" target="_blank" title="http://aiin911.com/cm-works/shousai.php?id=84">http://aiin911.com/cm-works/shousai.php?id=84</a><br />作曲:川崎昭<br />演奏:mouse on the keys<br /><br />TOSHIBA REGZA Tablet 『未来をその手に』篇<br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=z96rSojGEXk" target="_blank" title="http://www.youtube.com/watch?v=z96rSojGEXk">http://www.youtube.com/watch?v=z96rSojGEXk</a><br /><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=UjpOhR_Q9xw&amp;feature=related" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
16

森道市場2012 PE'Z (ペズ)

PE'Z (ペズ)99年にOhyama“B.M.W”Wataru(Tp)を中心に、Kadota“JAW”Kousuke(Sax)、ヒイズミマサユ機(Key)、Nirehara Masahiro(Wb)、航(Dr)の5人により結成。ジャズをベースにしながらもラテンやロックなどを取り込んだ特徴的なサウンド、緊張感と躍動感を兼ね備えた圧倒的なライブパフォーマンスが評判になり、ストリートライブでは時に1000人以上の観客を集めた。更にワンマンライブは即完売し、デビュー前から話題となる。 01年に... <strong>PE'Z (ペズ)</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/Z1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/Z1.jpg" alt="Z1.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />99年にOhyama“B.M.W”Wataru(Tp)を中心に、Kadota“JAW”Kousuke(Sax)、ヒイズミマサユ機(Key)、Nirehara Masahiro(Wb)、航(Dr)の5人により結成。<br />ジャズをベースにしながらもラテンやロックなどを取り込んだ特徴的なサウンド、緊張感と躍動感を兼ね備えた圧倒的なライブパフォーマンスが評判になり、ストリートライブでは時に1000人以上の観客を集めた。更にワンマンライブは即完売し、デビュー前から話題となる。 01年にインディーズデビュー作、ミニアルバム『pe'z』をリリース。インディーズチャートを総なめにした。<br />02年にはミニアルバム『Akatsuki』でメジャーデビュー。その名を一躍メジャーシーンに知らしめることとなる。同年9月には初のフルアルバム『九月の空-KUGATSU NO SOLA-』をリリースし、第17回日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。05年に海外レーベルと契約。欧米・アジアと活躍の場を拡げ、日本を代表するアーティストとなる。<br />09年10月に結成10周年を迎え、リミックス・アルバム第2弾『PE’Z COLOR Vol.0 ZERO』(福富幸広, Cradle他参加)、トリビュート・アルバム『NOT JAZZ!! BUT PE’Z!!! 』(Soulive"from U.S.", スペシャル・アザース他参加)が立て続けに企画、リリースされた。<br />10年2月には満を持して前作から約3年振りとなるオリジナルアルバム『1・2・MAX』をリリース。”東京ライヴ激烈10連戦 1・2・MAX!!”と題した初期PE’Zのハチャメチャさを思い起こさせる東京10日間連続ライブを強行。同年2枚目となるアルバム『I WANT YOU』をリリースした後、8月にはモデル・歌手として活躍する土屋アンナとのコラボレーション作品を出版大手宝島社から緊急発表。その興奮もさめやらぬまま、映画音楽の爆音カバー・アルバム『銀幕のジャズ -SAMURAI FLYS INTO THE SCREEN-』をリリース。そしてアニバーサリーイヤーの締めくくりとして全て新録による10年分のベストアルバム『侍JAZZ -PE'Z 15 Standard Tracks-』を完成させた。<br />11年9月、CDショップが減り、違法ダウンロードが当たり前になっている現在の音楽シーンにおいて、できるだけ多くの人に合法的に新しい音楽に触れる機会を提供したいという思いから、前代未聞の全曲フリーダウンロードという形で新作アルバム『向日葵-Himawari』を発表、12年2月には早くも 合法ダウンロード"第2弾アルバム『OH! YEAH! PARTY!!』を期間限定で全曲無料で配信し、ダウンロード数は20万を超え大きな話題を呼んだ。常に時代の変化と新しい価値観を先取りしながら突っ走る侍5人衆。<br /><br /><a href="http://www.worldapart.co.jp/pez" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=2GgK_SJk2e4" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a><br />
15

森道市場2012 ジョンのサン

ジョンのサン2002年に名古屋で結成。2005年の県芸祭ステージで演奏するはずが雨天により中止。バリ舞踊だけ見て帰宅する途中、ピザ食べ放題の店に入る。私語NGあくびNG譜面無し音楽用語無しジャムセッション無し、酒無し、飴無し、突発的で自由な表現も禁止、それぞれがきちんとしたメモを取りながらひたすら曲をやり続け、無言のままに帰宅しすぐに一人一皿ずつお惣菜を作ってその写メールを残りのメンバーに一斉送信し手を合わせ... <strong>ジョンのサン</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/jonnoson1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/jonnoson1.jpg" alt="jonnoson1.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />2002年に名古屋で結成。<br />2005年の県芸祭ステージで演奏するはずが雨天により中止。バリ舞踊だけ見て帰宅する途中、ピザ食べ放題の店に入る。<br />私語NGあくびNG譜面無し音楽用語無しジャムセッション無し、酒無し、飴無し、突発的で自由な表現も禁止、それぞれがきちんとしたメモを取りながらひたすら曲をやり続け、無言のままに帰宅しすぐに一人一皿ずつお惣菜を作ってその写メールを残りのメンバーに一斉送信し手を合わせるという独自の練習を今日まで繰り返す。 <br />ステージでは普通のテンポで4拍子の曲を演奏しながらも、観客とのアポイントメントをほぼキャンセルする。 <br />強いコンプレックスを持ち、最高のバンドを目指している。<br /><br /><a href="http://jonnoson.web.fc2.com" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=YXWgkn_CrFE" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a><br />
14

森道市場2012 向井秀徳アコースティック&エレクトリック

向井秀徳アコースティック&エレクトリック向井秀徳 Mukai Shutoku1973年生まれ、佐賀県出身。1995年、NUMBER GIRL結成。99年、「透明少女」でメジャー・デビュー。2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで4枚のアルバムをリリースしている。また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。2009年、映画『少年メリケンサック』の音... <strong>向井秀徳アコースティック&エレクトリック</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/mukaisyutoku1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/mukaisyutoku1.jpg" alt="mukaisyutoku1.jpg" border="0" width="500" height="751" /></a><br /><br />向井秀徳 Mukai Shutoku<br />1973年生まれ、佐賀県出身。<br />1995年、NUMBER GIRL結成。99年、「透明少女」でメジャー・デビュー。<br />2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで4枚のアルバムをリリースしている。<br />また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。<br />2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。<br />2010年、LEO今井と共にKIMONOSを結成。著書に『厚岸のおかず』<br />2012年、ZAZEN BOYSの4年ぶりとなる新作『すとーりーず』をリリース。<br /><br /><a href="http://www.mukaishutoku.com" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=Md8sf_lyNy4" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
13

森道市場2012 hununhum

hununhum90 年代後半から200?年くらいまでそれぞれ歪んだギターが必要不可欠な楽団に所属していた生命体が、それまで流れていた血にいろんなブラッドを輸血した結果集まった楽団。そ の新しい血を注入してくれたヨーな音楽つまりエルメート・パスコアル、Captain Beefheart、Henry Cow、Tom Ze、Sun ra、James Blood Ulmer、激しいSpiritual Jazz、Blue Note新主流派、ちょっとだけNO WAVEおよびアフリカ・中近東の音楽とかを鼻血... <strong>hununhum</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/hununhum1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/hununhum1.jpg" alt="hununhum1.jpg" border="0" width="500" height="415" /></a><br /><br />90 年代後半から200?年くらいまでそれぞれ歪んだギターが必要不可欠な楽団に<br />所属していた生命体が、それまで流れていた血にいろんなブラッドを輸血した結果集まった楽団。<br /><br />そ の新しい血を注入してくれたヨーな音楽つまりエルメート・パスコアル、Captain Beefheart、Henry Cow、Tom Ze、Sun ra、James Blood Ulmer、激しいSpiritual Jazz、Blue Note新主流<br />派、ちょっとだけNO WAVEおよびアフリカ・中近東の音楽とかを鼻血的に放出している楽団です!!<br /><br /><a href="http://hununhum.husuma.com/index.html" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=AoyC7tAjEwk&amp;feature=relmfu" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
7

森道市場2012 toe

toe山嵜廣和、美濃隆章、山根敏史、柏倉隆史という4人から成るtoeというバンド。「インストゥルメンタルロック」という彼らの登場まではアンダーグラウンドミュージックとして認識されていたサウンドを物の見事に市民権を得させてしまった確信犯。聴くもの観るものを高揚、魅了させる音源やライブパフォーマンスは絶大な支持を受けている。様々なシチュエーションに対応してしまう音の振り幅の広さも魅力の一つ。ホームページはコ... <strong>toe</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/toe1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/toe1.jpg" alt="toe1.jpg" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br />山嵜廣和、美濃隆章、山根敏史、柏倉隆史という4人から成るtoeというバンド。<br />「インストゥルメンタルロック」という彼らの登場まではアンダーグラウンド<br />ミュージックとして認識されていたサウンドを物の見事に市民権を得させてし<br />まった確信犯。聴くもの観るものを高揚、魅了させる音源やライブパフォーマ<br />ンスは絶大な支持を受けている。<br />様々なシチュエーションに対応してしまう音の振り幅の広さも魅力の一つ。<br /><br /><a href="http://www.toe.st/" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=e0RWnzd_b_k&amp;feature=related " target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
6

森道市場2012 GAGLE(ガグル)

GAGLE(ガグル)DJ MITSU THE BEATS, HUNGER, DJ Mu-Rの3人からなるHIP HOPアーティスト。JAZZY SPORT所属。仙台在住。1996年に結成。2001年「BUST THE FACTS」でデビュー。その1年後、日本のHIP HOP CLASSICSの1つと名高い名曲『雪の革命』収録した1st Album「3 MEN ON WAX」をリリース。以来約10年で4枚のアルバムをリリースをしている。時代とリンクしながらも譲らない曲制作と評価が高いライブパフォーマンスを武器に着実に... <strong>GAGLE(ガグル)</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/gagle2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/gagle2.jpg" alt="gagle2.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />DJ MITSU THE BEATS, HUNGER, DJ Mu-Rの3人からなるHIP HOPアーティスト。JAZZY SPORT所属。仙台在住。1996年に結成。2001年「BUST THE FACTS」でデビュー。その1年後、日本のHIP HOP CLASSICSの1つと名高い名曲『雪の革命』収録した1st Album「3 MEN ON WAX」をリリース。以来約10年で4枚のアルバムをリリースをしている。時代とリンクしながらも譲らない曲制作と評価が高いライブパフォーマンスを武器に着実にファンを獲得している。2011年、デビューから10周年を迎える彼らは5枚目のアルバム制作に着手。今秋リリース予定。3月11日の東日本大震災を受けて急遽チャリティーソング「うぶこえ」を4月29日に配信リリース。仙台で被災した彼らの目線で綴ったメッセージに、注目が集まっている。また、7/4にはヘネシーアーティストリーセッションより派生したGAGLE×Ovall名義でのアルバムリリースも控えている。<br /><br /><a href="http://www.gagle.jp" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=x3xSwXN7WbE" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
5

森道市場2012 HARCO(ハルコ)

HARCO(ハルコ)青木慶則のソロ 変名ユニット。シンガーソングライターでありながら、キーボー ド・ドラム・マリンバほか多くの楽器が演奏できるマルチプレーヤーでもある。CMやTV番組の音楽、ナレーションで も注目を集める。個人のライフワークとして興味のある“エコロジー”をテーマにしたユニットHARQUA(ハルカ)、GOING UNDER GROUNDのライブでのキーボード参加など、活動は多岐にわたる。2012年はHARCO生誕15周年となり、年... <strong>HARCO(ハルコ)</strong><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/HARCO.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/HARCO.jpg" alt="HARCO.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />青木慶則のソロ 変名ユニット。シンガーソングライターでありながら、キー<br />ボー ド・ドラム・マリンバほか多くの楽器が演奏できるマルチプレーヤーでも<br />ある。CMやTV番組の音楽、ナレーションで も注目を集める。個人のライフワークとして興味のある“エコロジー”をテーマにしたユニットHARQUA(ハルカ)、GOING UNDER GROUNDのライブでのキーボード参加など、活動は多岐にわたる。2012年はHARCO生誕15周年となり、年明け からワンマンライブツアー、イベント「HARCOの春フェス」を開催するなど精力的に 活動中。その「HARCOの春フェス」を盛り上げるコラボユニットとして、HARCO+カジヒデキ+河野丈洋(GOINGUNDER GROUND)名義で、3人 が各々作詞・作曲・演奏を担当した配信限定のシングル「ハルフェス・トライアングル」を4月11日にリリース。<br /><br /><a href="http://www.harcolate.com" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=skt6fPaUYdg" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
4

森道市場2012 ヒカシュー

ヒカシューヒカシュー:巻上公一(ボーカル、コルネット、テルミン)、三田超人(ギター)、坂出雅海(ベース)、清水一登(ピアノ、シンセサイザー、バスクラリネット)、佐藤正治(ドラムス、パーカッション)1978年結成されたノンジャンル音楽ユニット。デビュー当時はニューウェイヴ/テクノポップ・バンドの牽引者として一躍その名を知られたが、その後、優れた即興性と独特な世界観を持つ楽曲が融合する唯一無二のロックバンド... <strong>ヒカシュー</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20120721123940b2a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20120721123940b2a.jpg" alt="ヒカシュー" border="0" width="500" height="382" /></a><br /><br />ヒカシュー:巻上公一(ボーカル、コルネット、テルミン)、三田超人(ギター)、坂出雅海(ベース)、清水一登(ピアノ、シンセサイザー、バスクラリネット)、佐藤正治(ドラムス、パーカッション)<br />1978年結成されたノンジャンル音楽ユニット。デビュー当時はニューウェイヴ/テクノポップ・バンドの牽引者として一躍その名を知られたが、その後、優れた即興性と独特な世界観を持つ楽曲が融合する唯一無二のロックバンドとして広く認知されていった。常にアート表現の新領域に挑み続け、今年4月に発売された15枚目のアルバム『うらごえ』は束芋とのコラボレーションが大反響を呼び、一昨年に続き今年のフジロックフェスティバルにも出演。過去の作品も次々リイシューされるなど、若者にも熱烈にフォローされている。<br /><br /><a href="http://www.makigami.com/hikashu" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=8nB12KoYo8c&amp;list=UU_lY5qm4YZuLZt-5GYUSRNQ&amp;index=2&amp;feature=plcp" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
3

森道市場2012 bonobos(ボノボ)

bonobos(ボノボ)2001年結成、2003年「もうじき冬が来る」でメジャー・デビュー。レゲェ/ダブ、ドラムンベース、エレクトロニカ、サンバにカリプソと、様々なリズムを呑み込みながらフォークへ向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団。ROCK IN JAPAN、FUJI ROCK FES、RISING SUN ROCK FESなど、毎年数多くの野外フェスに出演し、ライブバンドとしても確固たる地位を築いている。他アーティストへの楽曲提供、演奏サポートなど... <strong>bonobos(ボノボ)</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/bnb.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-51.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/bnb.jpg" alt="bnb.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />2001年結成、2003年「もうじき冬が来る」でメジャー・デビュー。レゲェ/ダブ、ドラムンベース、エレクトロニカ、サンバにカリプソと、様々なリズムを呑み込みながらフォークへ向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団。ROCK IN JAPAN、FUJI ROCK FES、RISING SUN ROCK FESなど、毎年数多くの野外フェスに出演し、ライブバンドとしても確固たる地位を築いている。他アーティストへの楽曲提供、演奏サポートなど、それぞれのソロ活動も精力的に行われ、2010年にはvo.蔡、dr.辻ともにソロアルバムも制作/発表している。<br />2011年8月には日比谷野外大音楽堂にてバンド結成10周年を盛大に祝い、9月には9th Single「Go Symphony!」、12月には5th Album「ULTRA」をリリース!!<br /><br /><a href="http://www.bonobos.jp" target="_blank" title="ホームページはコチラ">ホームページはコチラ</a><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=0nLUUjDB3nQ" target="_blank" title="動画はコチラ">動画はコチラ</a>
    Return to Pagetop