MOVIE
ARTIST
SHOP
TIME TABLE
MAP
ACCESS
TICKET
1379

森、道、市場『フランシスコの海の家2015』 ③

『フランシスコの海の家』Produced by restaurant mono- - 15デリカテツセン- -フランシスコの海の家2015今年のカフェオーシャンは15種類の選べるデリカテッセン(お惣菜)と季節の果実や野菜を使ったスイーツ&オリジナルドリンク(予約不要)金曜日の夜はアイリッシュ・ミュージック・パーティでお楽しみいただける豆や野菜のシチューやフィッシュ&チップスなどのアイリッシュ風のオリジナル料理土曜日の夜はクスクスや煮込みの... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_1.jpg" alt="furansisuco_20150501_1.jpg" border="0" width="450" height="600" /></a><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">『フランシスコの海の家』</span></strong><br /><strong>Produced by restaurant mono</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_2.jpg" alt="furansisuco_20150501_2.jpg" border="0" width="477" height="100" /></a><br /><br /><strong>- - 15デリカテツセン- -</strong><br /><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_3.jpg" alt="furansisuco_20150501_3.jpg" border="0" width="600" height="400" /></a><br /><br />フランシスコの海の家2015今年のカフェオーシャンは<br />15種類の選べるデリカテッセン(お惣菜)と<br />季節の果実や野菜を使ったスイーツ&オリジナルドリンク(予約不要)<br /><br />金曜日の夜はアイリッシュ・ミュージック・パーティでお楽しみいただける<br />豆や野菜のシチューやフィッシュ&チップスなどのアイリッシュ風のオリジナル料理<br /><br />土曜日の夜はクスクスや煮込みのモロッコ風の料理など<br />無農薬で大切に育てている畑のオーガニック野菜を中心に<br />三河湾が育む自然の恵みである鮮魚を使って丁寧に作る<br /><br />森道市場でしか味わえない特別な料理を用意してお待ちしてます!<br /><br /><strong> cafe ocean</strong><br /><a href="http://www.cafe-ocean.com" target="_blank" title="www.cafe-ocean.com">www.cafe-ocean.com</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_4.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_4.jpg" alt="furansisuco_20150501_4.jpg" border="0" width="600" height="247" /></a><br /><hr size="1" /><br />手廻しの焙煎機で焼いたノスタルジックスタイルのオーガニック珈琲と紅茶<br /><br /><strong>Plein soleil</strong><br /><a href="http://miyachicoffee.tumblr.com" target="_blank" title="http://miyachicoffee.tumblr.com">http://miyachicoffee.tumblr.com</a><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_5.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_5.jpg" alt="furansisuco_20150501_5.jpg" border="0" width="477" height="100" /></a><br /><br /><strong>- -やさしいヨガと朝の音色- -</strong><br /><br />5月10日(日曜日)7:30~ 参加費¥500-<br />会場:フランシスコの海の家エリアのビーチ<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_6.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_6.jpg" alt="furansisuco_20150501_6.jpg" border="0" width="600" height="400" /></a><br /><br />朝の穏やかな海を感じながら、美味しく呼吸<br />会場のみんなと一緒に気持ちよく身体を動かしませんか<br />やさしいヨガですので、身体が固いと思われる方も、気軽にご参加下さい<br /><br />※バスタオルか大きめの布、ヨガマットを持参頂いた方が快適です。<br />なくても参加できます<br /><br />maikoさんのやさしいヨガと共に素敵な音楽を奏でるのは伊藤 尚輝さん<br />そのギターの音色はそこにある世界をより深くよりあざやかに彩り広げていく…<br />心の声をギターにのせて想像を創造する<br /><br /><br /><strong>[Maiko]</strong><br />ヨガインストラクター<br />cafe ocean モーニングヨガ担当 Laxmi YOGA TTC チーフ講師<br />その他、スポーツジム、公共施設等でクラスを開催<br /><br /> <strong>[伊藤 尚輝]</strong><br />2007年頃から縁のギタリストとしてLIVEキャリアをスタートさせる。<br />活動休止後は、一二三、平山ケンタなどのサポートギターとしてレコーディング、LIVEに参加。<br />現在は、ちんねんズ、チャーシュー太郎のギタリストとして日本全国津々浦々、LIVE三昧の日々<br /><hr size="1" /><br /><strong>- - からだにやさしい朝食の時間- -</strong><br /><br />5月10日(日曜日)7:00~9:00<br />会場:フランシスコの海の家エリアのテーブル席前<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_7.jpg" alt="furansisuco_20150501_7.jpg" border="0" width="600" height="400" /></a><br /><br />太陽と大地の恵みを受けて力強く育った野菜<br />春夏秋冬をきちんと過ごした味噌や醤油、太陽の光をしっかり浴びた塩<br />それらを使い心をこめて作る特別な『朝食』<br /><br />  【森道市場限定の朝食メニュー】<br /><br />  ・玄米粥とおかゆにあうデリの定食<br /><br /><br /><strong>root</strong><br /><a href="http://root-a.petit.cc" target="_blank" title="http://root-a.petit.cc">http://root-a.petit.cc</a><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_8.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_8.jpg" alt="furansisuco_20150501_8.jpg" border="0" width="477" height="100" /></a><br /><br />名古屋市で自然派(BIO)ワインを専門に扱う「ペシコ」<br /><strong>PESHICO</strong><br /><a href="http://terrecrue.me/" target="_blank" title="http://terrecrue.me/">http://terrecrue.me/</a><br /><br /> クラフトビールを専門に扱う「シンノスケ.オー」<br />国内外の新鮮な樽生ビールを楽しめます<br /><strong>shinnosuke.O</strong><br /><a href="http://ameblo.jp/toyohashi-shinnosuke/" target="_blank" title="http://ameblo.jp/toyohashi-shinnosuke/">http://ameblo.jp/toyohashi-shinnosuke/</a><br /><br />出来る限り自然な製法で作られた素晴らしいワインと樽生のクラフト生ビールを<br />森道市場、「フランシスコの海の家」という特別な空間でお楽しみください<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_9.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_9.jpg" alt="furansisuco_20150501_9.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_10.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_10.jpg" alt="furansisuco_20150501_10.jpg" border="0" width="477" height="100" /></a><br /><br />フランシスコの海の家「ISLAND SURF」エリアでは<br />シーカヤック体験会とスタンドアップパドルボード(SUP)体験会を行います。<br />今年も6人乗りアウトリガーカヌーも登場します。<br />一緒に海に散歩に出かけ、森道市場を海から眺めてみましょう!<br />その景色はいつもとは違って見えるはずです。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/furansisuco_20150501_11.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/furansisuco_20150501_11.jpg" alt="furansisuco_20150501_11.jpg" border="0" width="600" height="400" /></a><br /><br />日時: 5.9.sat 5/.10.sun<br />時間: 10:00~16:00 (15:00受付終了)<br />料金: カヤック体験コース¥2500 (保険代込み) スタンドアップパドルボード体験コース¥2500(保険代込み)<br /> 6人乗りアウトリガーカヌー料金未定<br />持ちもの: 濡れることがありますので、着替えとサンダルを持参してください。 <br /><br />【開催時刻】<br />シーカヤック体験コース&スタンドアップパドルボード体験コース<br />(シーカヤック定員12名 / スタンドアップパドルボード定員5名)<br /><br />①10:00~10:45<br />②11:00~11:45<br />③12:00~12:45<br />④13:00~13:45<br />⑤14:00~14:45<br />⑥15:00~15:45<br /><br />上記の時間でカヤック体験コース&スタンドアップパドルボード体験コースを開催いたします。<br />詳細、ご予約等0563-62-3033までお電話ください。<br /><br /><strong>ISLAND SURF</strong><br /><a href="http://www.cafe-ocean.com/cafe/sea/" target="_blank" title="http://www.cafe-ocean.com/cafe/sea/">http://www.cafe-ocean.com/cafe/sea/</a><br /><hr size="1" /><strong><span style="color:#009900">- - フランシスコの海の家エリア前夜祭情報- -</span></strong><br /><br /> ・17:30~18:30<br />  ウェイロン・ベルディングによるヨガ・ワークショップ<br />  参加自由(ドネーション式)<br /><br /> ・18:30~19:30<br />  中島デコさんによる料理ライブ&ディナー (予約満席)<br /><br /> ・20:00~22:00<br />  アイリッシュ・ミュージック・パーティ<br />  参加自由
1377

森道市場2015「LIVERARY library」 ③

【LIVERARY library】-3nd Lineup-東海圏を中心とした、ローカル/カルチャーを発信するウェブマガジン「LIVERARY」が、前年に引き続き、またまた<ネット>から<リアル>へと飛び出すことになりました。 LIVERARYのコンセプトのひとつであり、名前の由来にもなっている<library(=図書館)>をぼくたちなりのセレクトで森、道、市場に出現させるなら、どんなコンテンツがおもしろいのか?を考えてみました。 …ということで、お... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_1.jpg" alt="2015_LL_20150501_1.jpg" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><br /><strong>【LIVERARY library】</strong><br />-3nd Lineup-<br /><br />東海圏を中心とした、ローカル/カルチャーを発信するウェブマガジン<br />「LIVERARY」が、前年に引き続き、<br />またまた<ネット>から<リアル>へと飛び出すことになりました。<br /> LIVERARYのコンセプトのひとつであり、<br />名前の由来にもなっている<library(=図書館)>を<br />ぼくたちなりのセレクトで森、道、市場に出現させるなら、<br />どんなコンテンツがおもしろいのか?を考えてみました。<br /><br /> …ということで、お待たせしました。<br /><br /> 今回の第3発表で、<br />LIVERARYlibraryのアナウンスは最終便となります。<br /><br />まずは、LIVERARY編集部による、セレクトショップ・LIVERARY SHOP。<br />LIVERARYオリジナルグッズの販売や、LIVERARYと縁ある作家たちのコラボバッジが入った大人気のガチャガチャのほか、<br />『Casa BRUTUS』等で雑誌のイラストレーションも手がける作家・<strong>YACHIYO KATSUYAMA</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_2.jpg" alt="2015_LL_20150501_2.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><br />DIYなアトモスフィアを漂わせる、名古屋発のファッションブランド・<strong>UTUSU</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_3.jpg" alt="2015_LL_20150501_3.jpg" border="0" width="400" height="500" /></a><br /><br /><br />バンド・むせいらんとしても都内を中心に活動してきた、ぬいぐるみ作家・<strong>片岡メリヤス</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_4.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_4.jpg" alt="2015_LL_20150501_4.jpg" border="0" width="400" height="500" /></a><br /><br />といったクリエイターたちのアート作品/グッズも展開されます。<br />さらに、大橋裕之描き下ろし顔ハメパネル記念撮影コーナーも設置します!<br /><br /><br />そして、LIVERARYの新キャラクター「らいぶーくん」と「らりーちゃん」もご開帳!Tシャツも目下制作中!<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_5.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_5.jpg" alt="2015_LL_20150501_5.jpg" border="0" width="500" height="254" /></a><br /><br />さらに、森道会場内にて、撮影した写真をケータイから投稿&交流ができる、<br />参加型のウェブページもオープンしますので、ぜひそちらでも遊んでみて下さい!<br /><br /><br />そして、なんと…片岡メリヤス本人による「ぬいぐるみ作りワークショップ」も開催!<br />※5月10日(日)、8名限定。内容:ぬいぐるみ一体の制作。<br />おひとり様¥3,500。 ※詳しくはLIVERARYで。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_6.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_6.jpg" alt="2015_LL_20150501_6.jpg" border="0" width="450" height="450" /></a><br /> <br />ちなみに、<br />アクセサリー作家・AKI NARUJi、建築ユニット・TAB<br />もそれぞれにワークショップを随時行いますので、そちらもお楽しみに!<br /><br /><br />……そして、そして、<br />今年の森道市場ライブステージにも登場する、<br />幣誌LIVERARYや、カルチャー雑誌「STUDIO VOICE」復活号などにインタビューも掲載されるなど、<br />現在、俄然注目を集めつづける、孤高のバンド・OGRE YOU ASSHOLE も出店!<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_7.jpg" alt="2015_LL_20150501_7.jpg" border="0" width="450" height="450" /></a><br /><br />そんな彼らが私物レコードを持ち寄って中古レコードショップ<br />「OGRE YOU RECORDS by OGRE YOU ASSHOLE」をオープン! ※5月9日(土)限定<br />レコード収集家としても知られている彼らの音楽的エッセンスともいえる<br />ネタの数々をディグしてみてはいかがでしょう。<br /><br /> <br />そして、LIVERARY libraryは、夜の部にもご注目!<br />森道ステージ終了後の土曜夜20時〜22時までの間、<br />LIVERARY libraryにて、静かにちゃんと聴くをテーマとした<br />ミニライブイベント「しずかちゃんのリサイタル」を企画しました。<br />こちらには、以下の3組が出演します。<br /><br /> <br /><strong>小鳥美術館</strong><br />いまだ音源リリースを一切していないにもかかわらず、<br />県内外のミュージシャンたちからも高い評価を受ける、<br />名古屋在住の2人組歌ものユニット・小鳥美術館。<br />この日は、ベーシストにスペシャルゲストも!?<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_8.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_8.jpg" alt="2015_LL_20150501_8.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><br /><br /><strong>オオルタイチ</strong><br />森道市場の出演アーティストでもある<br />オオルタイチによるアコースティック弾き語りライブ。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_9.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_9.jpg" alt="2015_LL_20150501_9.jpg" border="0" width="400" height="500" /></a><br /><br /><br /><br /><strong>大橋裕之</strong><br />さらに、LIVERARYlibraryで似顔絵屋さんとしても出店参加する、<br />漫画家・大橋裕之の「紙芝居ライブ」も!<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015_LL_20150501_10.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015_LL_20150501_10.jpg" alt="2015_LL_20150501_10.jpg" border="0" width="450" height="450" /></a><br /><br />安らかなる森道市場の夜に、グッドナイト・ミュージック(&コミック)をお届けします。<br />※ちなみに、投げ銭ライブとなりますので、皆様ご協力お願いします。<br /><br /> 最後におさらいしておきましょう。<br /><br /><hr size="1" /><br /><span style="font-size:large;">--LIVERARY library in 森道市場2015--</span><br /><br /> <1st LINEUP><br /> ・ ON READING<br /> ・ EGYPT RECORDS<br /> ・ Dufi<br /> ・ 西アサヒ<br /> ・ coffee,please<br /> ・ にちよう市<br /> ・ 名古屋渋ビル研究会<br /> ・ LOVE<br /><br /> <2nd LINEUP><br /> ・ 大橋裕之(似顔絵屋さん)<br /> ・ STOMACHACHE.(缶バッジ屋さん)<br /> ・ DIAMOND WHIPESS<br /> ・ TAB ※ワークショップも有り<br /> ・ 旅する雑貨とハンドメイド・チェルプ ※5/10のみ出店<br /> ・ アトリエみちくさ ※5/10のみ出店<br /> ・ AKI NARUJi ※ワークショップも有り<br /><br /><3rd LINEUP><br /> ・ LIVERARY SHOP<br /> ・ YACHIYO KATSUYAMA ※作品のみ<br /> ・ UTUSU ※作品のみ<br /> ・ 片岡メリヤス ※5/10のみ出店&ワークショップ<br /> ・ OGRE YOU RECORDS by OGRE YOU ASSHOLE ※5/9のみ出店<br /><br /><ミニライブ><br />   5月9日(土)20:00~22:00<br /> ・ 小鳥美術館<br /> ・ 大橋裕之(紙芝居)<br /> ・ オオルタイチ(アコースティック)<br /><br /><hr size="1" /><br />以上で、全コンテンツをご紹介しました。<br />昨年に比べ、格段にバージョンアップを遂げた、<br />架空の図書館「LIVERARY library」。<br />ぜひとも遊びにいらして下さい。<br /><br />Text by Takatoshi Takebe / LIVERARY<br />Design by Ryota Evina / LIVERARY<br /><br /><strong>LIVERARY</strong><br /><a href="http://liverary-mag.com/" target="_blank" title="http://liverary-mag.com/">http://liverary-mag.com/</a><br />
1376

森道市場2015 「キャンプサイト選手権」

【森道市場2015 「キャンプサイト選手権」 】審査員は納得のGO OUT編集部!!日本最大級のキャンプイベント「GO OUT CAMP」を主催するアウトドアの達人たちがお客様のキャンプサイトのなかからイケてるキャンプサイトを選んじゃいます!<キャンプサイト選手権概要>□キャンプサイト/デイキャンプサイト共通で審査の対象になります。(約700サイト/日)□5/9(土)・5/10(日)それぞれの日で選考させていただきます。□今回のキャンプサイ... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150429232500b44.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150429232500b44.jpg" alt="2014_CAMP go out" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【森道市場2015 「キャンプサイト選手権」 】</strong><br /><br />審査員は納得の<strong>GO OUT編集部</strong>!!<br />日本最大級のキャンプイベント「<a href="http://www.gooutcamp.jp" target="_blank" title="GO OUT CAMP">GO OUT CAMP</a>」を主催するアウトドアの達人たちが<br />お客様のキャンプサイトのなかからイケてるキャンプサイトを選んじゃいます!<br /><br /><strong><キャンプサイト選手権概要></strong><br /><br />□キャンプサイト/デイキャンプサイト共通で審査の対象になります。(約700サイト/日)<br />□5/9(土)・5/10(日)それぞれの日で選考させていただきます。<br />□今回のキャンプサイトの中で5/9(土)・5/10(日)それぞれの日で<br /> GO OUT編集部がもっともイケてると思うキャンプサイトを1サイト選ばせていただきます。<br />□選ばれたキャンプサイトの方たちにはその場で豪華プレゼントをご用意しております。<br />□後日、受賞の様子をあらためて森道市場公式blogにて発表させていただきます。<br />※イベント当日にGO OUT編集部がキャンプサイトにお伺いする場合がありますが審査を拒否される場合はお断りください。<br /><br />■発表・受賞日時<br />5/9(土) 16:00にキャンプサイトにお邪魔致します。(ご不在の場合は次の候補者に権利が移行いたします。)<br />5/10(日) 15:00にキャンプサイトにお邪魔致します。(ご不在の場合は次の候補者に権利が移行いたします。)<br /><br /><br /><br /><br />
1371

森道市場2015「日本全国まめ郷土玩具蒐集」中川政七商店

「郷土玩具」ってご存知ですか?古くから日本各地でつくられてきた、地域の文化に結びつく郷土色豊かな玩具と言われているのですが、近頃は職人さんの高齢化や後継者不足などによ り、徐々に絶滅しつつあります。そんな郷土玩具の魅力をガチャガチャを通してたくさんの方に知ってもらい、その地を訪れたとき「本物」の玩具を探し求めるきっかけとなり、少しで も存続することにつながればという願いをこめて生まれたのが郷土玩具フ... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015nakaA1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015nakaA1.jpg" alt="2015nakaA1.jpg" border="0" width="500" height="701" /></a><br /><br />「郷土玩具」ってご存知ですか?<br />古くから日本各地でつくられてきた、地域の文化に結びつく郷土色豊かな玩具と言われているのですが、<br />近頃は職人さんの高齢化や後継者不足などによ り、徐々に絶滅しつつあります。<br />そんな郷土玩具の魅力をガチャガチャを通してたくさんの方に知ってもらい、<br />その地を訪れたとき「本物」の玩具を探し求めるきっかけとなり、<br />少しで も存続することにつながればという願いをこめて生まれたのが<br />郷土玩具フィギュアのガチャガチャ「日本全国まめ郷土玩具蒐集(しゅうしゅう)」で す。<br />フィギュアを手がけたのは造形物のクオリティにおいて世界屈指の水準を誇る株式会社 海洋堂。<br />中川政七商店が、フィギュアにする玩具を選び、海洋堂がフィギュアとして魅力的に見えるつくりを考えます。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015nakaB.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015nakaB.jpg" alt="2015nakaB.jpg" border="0" width="500" height="666" /></a><br /><br />制作途中にこんなメモを送って下さり、「このくらいのサイズ感がいいかな」とか<br />「ここはもうちょっとこんな表情がいいかな」とか相談して、世界に ひとつの見本が出来上がってきます。<br />木の玩具は木らしく、木目の表現が精巧にほどこされ、張子の玩具の表面は胡粉(ごふん。<br />貝殻からできた白い絵具)らしく、マットな質感で仕上げら れていて、初めて見たとき、<br />それはそれは息を呑むほど造形物としての美しさに感動してしまいます。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015nakaC.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015nakaC.jpg" alt="2015nakaC.jpg" border="0" width="500" height="666" /></a><br /><br />昔から伝わってきた郷土玩具と、それを再現する海洋堂。<br />新旧融合した技の結晶を、心ゆくまで蒐集しちゃってください!<br />2日間限りの森道出張ガチャ、どうぞお楽しみに。<br /><br /><strong>「日本全国まめ郷土玩具蒐集」</strong>1回¥400(税込)<br /><第1弾>全7種+番外1種/<第2弾>全7種+番外1種<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015nakaD.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015nakaD.jpg" alt="2015nakaD.jpg" border="0" width="500" height="250" /></a><br /><br />また、名古屋ふきんをはじめ通常は地域限定でしか手に入らない全国のご当地ふきん、<br />お土産ブランド日本市の店舗限定だるまみくじ等も数量限定でご用意してお待ちしております。<br /><br /><strong>「ご当地ふきん」</strong>\432(税込)<br /><br /><hr size="1" /><br /><strong>中川政七商店</strong><br /><a href="http://www.yu-nakagawa.co.jp" target="_blank" title="http://www.yu-nakagawa.co.jp">http://www.yu-nakagawa.co.jp</a><br /><br />■愛知県 直営店<br />・中川政七商店 ジェイアール名古屋タカシマヤ店<br />・中川政七商店 LACHIC店<br />・遊 中川 ジェイアール名古屋タカシマヤ店 <br />・遊 中川 松坂屋名古屋店<br />・大日本市 名古屋パルコ店 <br /><br />■日本市 直営店<br />・東京:ecute東京店<br />・東京:羽田空港第2ターミナル店<br />・東京:東京スカイツリータウン・ソラマチ店<br />・奈良:奈良三条店<br />・大阪:ルクア イーレ店<br />・福岡:博多デイトス店
1361

森道市場2015 「Irish Music Party in the daytime」

【Irish Music Party×Daidocoro3】森道市場2014において野外出店のレベルを遥かに凌駕した料理で人気を博した「Daidocoro3」、昨年の音楽ステージ出演者でもある「John John Festival 」2014初夏に休止活動を宣言いたしましたが今回「John John Festival 」のメンバー、フィドルのjohn*、バウロン奏者トシバウロンが再び、昨年のサポートメンバー、イリアンパイプス「野口明生」と今回初登場となる「Tim Scanlan」をIrish Musicの... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/daidokoro1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/daidokoro1.jpg" alt="daidokoro1.jpg" border="0" width="500" height="450" /></a><br /><br /><strong>【Irish Music Party×Daidocoro3】</strong><br /><br />森道市場2014において野外出店のレベルを遥かに凌駕した料理で人気を博した「Daidocoro3」、<br />昨年の音楽ステージ出演者でもある「John John Festival 」2014初夏に休止活動を宣言いたしましたが<br />今回「John John Festival 」のメンバー、フィドルのjohn*、バウロン奏者トシバウロンが再び、昨年の<br />サポートメンバー、イリアンパイプス「野口明生」と今回初登場となる「Tim Scanlan」をIrish Musicの<br />メンバーに加え、最高の音楽を「Daidokoro3」が提供する絶品の料理とともに<br />「Irish Music Party」としてお客様にご提供させていただきます。<br />絶品料理と至高のIrish Musicが響きあう想像もつかないような空間に期待は高まるばかりです。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/irish22.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/irish22.jpg" alt="irish22.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【Irish Music Party×Daidocoro3】</strong><br />日時:5/9 (土)・5/10(日) 10:00 ~ 16:00<br />場所:Irish Music Party×Daidocoro3特設会場(後日発表となる当日MAPにてご確認ください)<br />Irish Music Party 出演者:john* ,Tim Scanlan , トシバウロン, 野口明生<br />※ 特設会場には約1 0 0 席分のテーブルや椅子のご用意があります。(先着順)<br /><br /><hr size="1" /><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/irish3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/irish3.jpg" alt="irish3.jpg" border="0" width="480" height="291" /></a><br /><br /><strong>「Irish Music Partyとは」</strong><br /><br />アイルランドの音楽、アイリッシュミュージック。<br />普段はアイリッシュパブなどで聴かれることの多いこの音楽を、<br />パブから持ち出して野外で楽しみ、しかも踊れる、そんな素敵な企画です。<br />ビールを片手に人と語らいながら音楽に耳をかたむけるのも良し。<br />ステージで聴く音楽とは別に、もっと身近に音楽を楽しめることでしょう。<br /><br />Movieは<a href="https://www.youtube.com/watch?v=4SYR4Y6vNNw" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br />Irish Music Party Facebook pageは<a href="https://www.facebook.com/irishmusicparty" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><strong><Irish Music Party出演者></strong><br />john*(フィドル)/Tim Scanlan(ハ-モニカ、ギター、歌)/<br />野口明生(イリアンパイプス)/トシバウロン(バウロン)<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/daidokoro333.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/daidokoro333.jpg" alt="daidokoro333.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>「Daidocoro3とは」</strong><br /><br />森、道、市場2014で初登場したmado cafeとhoshizumi、喫茶tayu-tauによる奇跡のコラボ店!<br />日常の営業からこだわりをもった人気店3店舗が力をあわせ、多くのお客様を魅了させました。<br /><br /><strong><Daidocoro3></strong><br />mado cafe お店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1292.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br />hoshizumi お店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1263.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br />喫茶tayu-tau お店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1239.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a>
1364

森、道、市場2015 「TROPFEST IN JAPAN」 ②

TROPFESTエリアでは、映画上映の他にオーストラリアを体感できる食べ物やイベントもご用意しています。16時から始まるステージイベントではオーストラリア出身のラジオDJクリス・グレン氏を司会に迎えオーストラリアの魅力をお伝えします。特におすすめは、ヨガのメッカ&オーストラリア最東端の美しい海辺の街「バイロン・ベイ」にてトレーニングを受けた講師によるビーチヨガ(16:20~60分)。BGMは波の音、風の音、そしてオ... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/TropfestInJapan_logo.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/TropfestInJapan_logo.jpg" alt="TropfestInJapan_logo.jpg" border="0" width="500" height="242" /></a><br /><br />TROPFESTエリアでは、映画上映の他にオーストラリアを<br />体感できる食べ物やイベントもご用意しています。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/BaconCheeseBurger_wPlate.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/BaconCheeseBurger_wPlate.jpg" alt="BaconCheeseBurger_wPlate.jpg" border="0" width="500" height="396" /></a><br /><br />16時から始まるステージイベントではオーストラリア出身のラジオDJクリス・グレン氏を<br />司会に迎えオーストラリアの魅力をお伝えします。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015042018342057f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015042018342057f.jpg" alt="chris red2" border="0" width="500" height="746" /></a><br /><br />特におすすめは、ヨガのメッカ&オーストラリア最東端の美しい海辺の街「バイロン・ベイ」にて<br />トレーニングを受けた講師によるビーチヨガ(16:20~60分)。<br />BGMは波の音、風の音、そしてオーストラリアの伝統楽器ディジュリドゥの音色。<br />広大な砂浜でヨガを通じたオーストラリア体験をお楽しみください。 <br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/beachyoga.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/beachyoga.jpg" alt="beachyoga.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />また、販売ブースでは終日(10:00-20:00)オーガニック先進国オーストラリアならではの美味しい食べ物やアロママッサージ、オーストラリアで人気のマリンスポーツが楽しめます。<br />TROPFESTエリアは入場無料です!!お気軽にお立ち寄りください。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/IMG_3835-880.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/IMG_3835-880.jpg" alt="IMG_3835-880.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />TROPFEST IN JAPANホームページ:<a href="http://www.tropfest.jp/" target="_blank" title="http://www.tropfest.jp/">http://www.tropfest.jp/</a><br />TROPFEST IN JAPAN FACEBOOK:<a href="https://www.facebook.com/tropfestinjapan" target="_blank" title="https://www.facebook.com/tropfestinjapan">https://www.facebook.com/tropfestinjapan</a><br /><br /><iframe width="540" height="437" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/vuzxBpRsPa8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
1363

-森道市場2015-kyoto kamogawa エリア

【kyoto kamogawa エリア】 京都は鴨川が流れ、山に囲まれた盆地の中には、楽しく生活している人が沢山います。 小さなお店をしている人、絵を描く人、もの作りをする人、料理する人。そんな楽しい人たちが作ったり見つけてきた、おいしいごはん、きれいなもの、すてきな絵、素朴なパン。 森道市場でよき人と、よき物との出会いがありますように。 ちせ 谷内亮太kyoto kamogawa エリア 出店品目 イラスト、ドイツ菓子、天然酵母パ... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015yoto_kamogawa1500px.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015yoto_kamogawa1500px.jpg" alt="2015yoto_kamogawa1500px.jpg" border="0" width="500" height="352" /></a><br /><br />【kyoto kamogawa エリア】<br /> <br />京都は鴨川が流れ、山に囲まれた盆地の中には、<br />楽しく生活している人が沢山います。<br /> <br />小さなお店をしている人、絵を描く人、もの作りをする人、料理する人。<br />そんな楽しい人たちが作ったり見つけてきた、おいしいごはん、<br />きれいなもの、すてきな絵、素朴なパン。<br /> <br />森道市場でよき人と、よき物との出会いが<br />ありますように。<br /> <br />ちせ 谷内亮太<br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/chise7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/chise7.jpg" alt="chise7.jpg" border="0" width="500" height="331" /></a><br /><br /><strong>kyoto kamogawa エリア 出店品目</strong><br /> <br />イラスト、ドイツ菓子、天然酵母パン、カレー、タイ料理、似顔絵、陶器、<br />アクセサリー、古本、伝統こけし、ジャム、紙もの、工具、七宝ブローチ、<br />天然酵母マフィン、オーガニック石けん、観葉植物、インテリア、自家焙煎珈琲、<br />たこ焼き、京風うどん、からあげ、木のアート作品、チベット餃子、アジアン焼きそば、etc...<br /><br /><hr size="1" /><br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1110.html " target="_blank" title="西淑">西淑</a>&<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1065.html" target="_blank" title="miepump coffee shop">miepump coffee shop</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1237.html" target="_blank" title="SOAPHEADS">SOAPHEADS</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1120.html" target="_blank" title="マヤルカ古書店">マヤルカ古書店</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1170.html" target="_blank" title="Murgraph&amp;てふてふ&amp;うんころもち&amp;多田玲子">Murgraph&てふてふ&うんころもち&多田玲子</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1217.html" target="_blank" title="田中美穂植物店">田中美穂植物店</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1149.html" target="_blank" title="PULL + PUSH PRODUCTS. ">PULL + PUSH PRODUCTS. </a><br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1045.html" target="_blank" title="BOLTS HARDWARE STORE">BOLTS HARDWARE STORE</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1226.html" target="_blank" title="AOW">AOW</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1066.html" target="_blank" title="天然酵母ヴィーガンマフィンminarusuy ">天然酵母ヴィーガンマフィンminarusuy </a><br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1302.html" target="_blank" title="タコとケンタロー">タコとケンタロー</a><br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1241.html" target="_blank" title="カレー屋台村 山ねこ">カレー屋台村 山ねこ</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1310.html" target="_blank" title="旅する星 カルマ ">旅する星 カルマ </a><br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-795.html" target="_blank" title="ドイツ菓子 FrauPilz">ドイツ菓子 FrauPilz</a><br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1254.html" target="_blank" title="森林食堂">森林食堂</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html" target="_blank" title="nano食堂">nano食堂</a> <br />□ モンゴルパン<br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1186.html" target="_blank" title="apelila アペリラ">apelila アペリラ</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1046.html" target="_blank" title="&amp; NIGAOE">& NIGAOE</a> <br />□ <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1246.html" target="_blank" title="ちせ ">ちせ </a><br />□五条モール(homehome・yamane daisuke・violet and claire)
1360

森、道、市場2015 「軽食&ミュージックフェスティバル」④

定食&ミュージックフェスティバルひとり事務局のトミヤマカズヤスマキです。埼玉県の川口市にて始まった局所的極小フェス、通称「定食フェス」。川口市を飛び出し、森、道、市場にてエリアをプロデュースすることになりました。今回は素晴らしいライブのお供に、関東を中心に美味しい軽食を携え「軽食&ミュージックフェスティバル」として森、道、市場におじゃまいたします。定食&ミュージックフェスティバルhttp://teisyokufes.... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201504151801071a1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201504151801071a1.jpg" alt="teisyokufesLAST" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><br />定食&ミュージックフェスティバルひとり事務局のトミヤマカズヤスマキです。<br />埼玉県の川口市にて始まった局所的極小フェス、通称「定食フェス」。<br />川口市を飛び出し、森、道、市場にてエリアをプロデュースすることになりました。<br />今回は素晴らしいライブのお供に、関東を中心に美味しい軽食を携え<br />「軽食&ミュージックフェスティバル」<br />として森、道、市場におじゃまいたします。<br /><br /><strong>定食&ミュージックフェスティバル</strong><br /><a href="http://teisyokufes.web.fc2.com" target="_blank" title="http://teisyokufes.web.fc2.com">http://teisyokufes.web.fc2.com</a><br /><br />前回までは関東を中心にした美味しい出店者さんを紹介してきましたが、本日は軽食フェスのライブステージの出演者をご紹介いたします。<br /><br /><hr size="1" /><br /><br />ラブソングが街にあふれている、ような気がする。<br />機械で作られたビートにノセられている、ような気がする。<br />そんな時は決まって、彼の歌を聴くんだ。<br /><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201504151801044e7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201504151801044e7.jpg" alt="kimyoureitaroula" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><br /><strong> 【奇妙礼太郎】 5/9</strong><br /><br />誰にだって訪れるちょっとした人生の黄昏。<br />奇妙礼太郎さんの歌は、そんな自分だってまあ悪くないぜって言ってくれる。<br />感情豊かなボーカルと温もりのあるギターのストローク。<br />奇妙礼太郎さんの歌は、僕を笑わせてくれたあの子、僕が悲しませたあの子を思い出す。<br /><br />自分が企画するライブイベントに奇妙礼太郎さんに出演していただくのは僕の悲願でした。<br />森道市場でそれが実現するのは、ちょっと今でも信じられません。<br />奇妙礼太郎さんは5/9に出演いたします。<br /><br />蒲郡の海の果てまで届く奇妙礼太郎さんのステージをぜひお楽しみください。<br /><br /><br /><iframe width="540" height="437" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/OrQMKurhEAs" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />そもそも僕はバンド少年のまま大人になったわけです。<br />アマチュアながらも今でも酒場で自分で作った歌を歌ったりしています。<br />周りの同年代がどんどん音楽から離れていくなか、同じ同年代のこのバンドが活躍する姿をみると勝手ながら興奮します。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150415181827391.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150415181827391.jpg" alt="アー写水中、それは苦しいla" border="0" width="500" height="331" /></a><br /><br /><br />【水中、それは苦しい 5/9】<br /><br />森道市場は音楽のるつぼ。<br />ジャンルを飛び越えたミュージシャンがステージにあがります。<br />今回の森道市場出演者の中でも最もパンクスピリッツ溢れるアコースティックパンクバンド、水中、それは苦しい。<br />高速のエイトビートにのる最高にナンセンスな歌詞。<br />それでいて深い世界観。<br />ボーカルのジョニー大蔵大臣と僕は実は同い年。<br />ロックスター、水中、それは苦しい。特別セットで軽食フェス in 森道市場に降臨です。<br /><br /><br /><iframe width="540" height="437" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/ozbgCyMdciU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />その日、埼玉の小さなカフェは冬の合間の柔らかな日差しに包まれていました。<br />少し大きめの音のSEと共に登場した彼女は、ピアノの前に腰を降ろすと大きく澄んだ瞳で歌いだしました。<br /><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150415180633f2a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150415180633f2a.jpg" alt="s-_T3A6897tate" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><br /><strong>【タテタカコ】 5/10</strong><br /><br />約2時間のライブをほぼノンストップで歌い上げたライブでした。<br />山の奥、清流の源流のような美しく澄んだ歌声は力強さにあふれていました。<br />曲の合間にも、小さな子どもの声が聞こえると、その子の歌を即興で歌うタテタカコさん。<br />「赤ちゃんの泣き声が聞こえても、いいんです。それはセッションです」と歌いました。<br />森、道、市場では一体、どんなセッションが待っているのか。<br />今からとても楽しみです。<br /><br /><br /><iframe width="540" height="437" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/UGiSB7n1tiQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />"生きている"ということと"死んでしまう"ということ。<br />そんなともすれば重くなりそうなテーマをスキップしながら飛び越えてしまう連中がいます。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201504151801547d4.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201504151801547d4.jpg" alt="TVnot Januaryla" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【T.V.not January】 5/10</strong><br /><br />神様と死者の間にある国を中つ国と言うそうです。<br />T.V.not Januaryはそんな中津国にいるような楽団です。<br />仲の良い兄弟のようなT.V.not January。<br />合唱のように歌い、ギターを弾き、太鼓を叩いて、笛を吹く。<br />もう会えないと思っていたあの人にもう一度会える、そんな気がする音楽を奏でるんです。<br />発売されたばかりのニューアルバム「ヤンキー発電所」も絶好調の T.V.not January!!<br />聴こえる!真のジャガイモスタイル!<br /><br /><br /><iframe width="540" height="437" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/lwkJRbmO97w" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />一耳惚れを信じますか?<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150415180156f57.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150415180156f57.jpg" alt="yojikla" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br /><strong>【yojikとwanda】 5/9</strong><br /><br />2年前、友人のツイッターに登場したCD。<br />なんとなく気になって買ってみました。<br />「せーの」という女性の声が聞こえた瞬間、僕は恋に落ちたのかもしれません。<br />yojikとwandaは女性ボーカルのyojikさんとガットギターのwandaくんの2人組。<br />「Hey!Sa!」というアルバムを繰り返し聴くうちに、全く面識もないのに気付いたら、<br />第二回の定食フェスのライブオファーのメールをしていました。<br />yojikさんの歌声は僕にとってはやさしいやさしい子守唄。<br />wandaくんのギターは僕にとってはやさしいやさしい風の調べ。<br />yojikとwandaのやさしいやさしい音楽にぜひ触れてくださいね。<br /><br /><br /><iframe width="540" height="437" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/cb7Rw_dW0xU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />今回の軽食フェスライブステージ最大のダークホースをご紹介します!<br />関東平野を駆け抜けるオルタナティブ極まる、声とギターとバイオリンのアコースティックバンドです。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150415182513397.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150415182513397.jpg" alt="teashi_kuchibiru_2la" border="0" width="500" height="330" /></a><br /><br /><br /><strong>【てあしくちびる】 5/10</strong><br /><br />今回、森道市場のライブブッキングのお話をいただいて一番最初に声をかけたてあしくちびる。<br />森道市場には最高にコアの音楽ファンが集まると思っています。<br />そんなコアな方々にぜひ聞いてもらいたいのがてあしくちびるなんです。<br />アコギとバイオリンというとメロディックな癒し系な音楽を想像される方も多いと思います。<br />てあしくちびるはヒップホップ的な肉体性とビートに特化したバンドです。<br />北関東最先端のアコースティックバンドをぜひ体感してください!<br />てあしくちびる、今後、絶対キマすよ!<br /><br /><br /><iframe width="540" height="437" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/2MZV6pTzjmw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />本日は軽食フェスライブステージに出演してくださる方々を紹介いたしました。<br />これで出店者、出演者の紹介は以上です。<br />自分で記事を書いていて異常に興奮してきました。<br />最高に楽しくて、カッコよくて、美味しい軽食フェス in 森道市場にぜひお越し下さいね!<br /><br />【お詫びとお知らせ】<br /><br /> 森道市場2015の軽食フェスエリアに出店予定でした<br /> サカヤカフェマルヨシさんが事情により出店できなくなりました。<br /> 楽しみにしていただいた方々、申し訳ありません。<br /> 謹んでお詫び申し上げます。<br /> 出店者一同マルヨシさんの分もより一層<br />みなさまに楽しんでいただけるよう頑張りますので、<br /> 引き続き軽食フェスエリアをよろしくお願いいたします。<br /><br />
1359

森、道、市場2015 「cafe journal」②

「森、道、市場2015」で初お披露目させていただく リトルプレス『cafe journal』vol.3は校了間近。 今号のテーマは、“時空を超えて”。 長い年月を刻んできた家や道具を慈しみながら営む、 日本各地のカフェ25軒+αをご紹介します。 そして、vol.1~vol.3に掲載しているカフェから、 みなさんにぜひ味わってみてほしいと心から思うものを お取り寄せして販売させていただきます。 [ 北海道・札幌「森彦」から“ドリップバッグセッ... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150414172139e50.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150414172139e50.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo1journal" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />「森、道、市場2015」で初お披露目させていただく <br />リトルプレス『cafe journal』vol.3は校了間近。 <br /><br />今号のテーマは、“時空を超えて”。 <br />長い年月を刻んできた家や道具を慈しみながら営む、 <br />日本各地のカフェ25軒+αをご紹介します。 <br /><br />そして、vol.1~vol.3に掲載しているカフェから、 <br />みなさんにぜひ味わってみてほしいと心から思うものを <br />お取り寄せして販売させていただきます。 <br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150414172141010.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150414172141010.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo2morihiko" border="0" width="500" height="332" /></a><br /><br />[ <strong>北海道・札幌「森彦」から“ドリップバッグセット” </strong>] <br /><br />北海道を代表する自家焙煎珈琲店。 <br />1996年に誕生した本店の2階で、窓外の野葡萄を眺めながら <br />味わった珈琲「森の雫」のおいしさが忘れられず。 <br /><br />海彦=食後に合う爽やかな「プランテーション・ブレンド」 <br />山彦=深煎りでどっしり濃厚な「マリピエール・ブレンド」 <br />森彦=中深煎りで香ばしい本店限定ブレンド「森の雫」 <br />以上、3種類のドリップバッグのセットを販売します。 <br />お湯を注ぐだけなので、キャンプのお供にもおすすめですよ。 <br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015041417214202c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015041417214202c.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo3carta" border="0" width="500" height="332" /></a><br /><br /><strong>[ 岩手・盛岡「carta」から“クッキー” ] </strong><br /><br />シンプルながらあたたかみを感じる内装、 <br />やわらかな灯り、ひとりで過ごすのが似合う落ち着き、 <br />心地いいBGM、店主夫妻のおだやかな人柄……。 <br />このカフェでのひとときを思い出すたび、やさしい気持ちに。 <br /><br />あんぱんもチャイも好みだったけれど、 <br />帰り際に購入したクッキーがしみじみおいしくて感動。 <br />岩手産のお豆腐と全粒粉となたね油、 <br />オーガニックのオートミールとメープルシロップと胡桃とレーズン <br />といった植物性素材のみで作られるクッキーです。 <br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201504141721450f0.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201504141721450f0.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo4maicafe" border="0" width="500" height="332" /></a><br /><br /><strong>[ 千葉・市原「Mai Cafe」から“まいほろ” ] </strong><br /><br />稲の絨毯の向こう、山を背景にぽつんと佇む素朴な平屋。 <br />入口ではおだやかな眼の白ヤギさんが迎えてくれて、 <br />扉を開ける前から「気持ちのいいお店に違いない」と確信した。 <br /><br />店名の「Mai」は“お米”のこと。 <br />上質な米粉と和三盆糖を使った和菓子・まいほろは、 <br />口のなかでほろりほろりと溶ける食感がクセになるおいしさ。 <br />日本人好みのやさしい味を5個セットで販売します。 <br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015041417220332e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015041417220332e.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo5sensetsens" border="0" width="500" height="750" /></a><br /><br /><strong>[ 東京・つくし野「sens et sens」から“焼き菓子3種” ] </strong><br /><br />“感性と感性”という名のとおり、 <br />店主の美しい感性が凝縮されている小さなお店。 <br />アイアンの家具と静寂が印象的な空間でいただいた <br />天然酵母パンのおいしさは、しばし言葉を失ってしまったほど。 <br />ちなみに珈琲もとびきりおいしかった。 <br /><br />パンは焼いた当日のみの販売ということで無理だけれど、 <br />代わりに3種類の焼き菓子を用意してくださるそう。 <br />また感動させてもらえるかな……と私も楽しみなのです。 <br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201504141722044f4.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201504141722044f4.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo6oxymoron" border="0" width="500" height="330" /></a><br /><br /><strong>[ 神奈川・鎌倉「OXYMORON」から“くるみのお菓子” ] </strong><br /><br />“カリーと甘いものと雑貨”のお店で大好物なのは、 <br />スパイシーな豚そぼろと香菜やネギがどっさりと盛られた <br />エスニックそぼろカリー。そしてもうひとつ。 <br /><br />カリーのお口直しに出される、くるみのお菓子。 <br />ほどよい甘さとシナモンの香りは、お茶の時間にも似合うはず。 <br />リスのスタンプが押された小さな巾着袋に入っているので、 <br />お友達に贈っても喜ばれること請け合いです。 <br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150414172206cbe.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150414172206cbe.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo7laboratorio" border="0" width="500" height="755" /></a><br /><br /><strong>[ 長野・松本「LABORATORIO」から“イングリッシュマフィン” ] </strong><br /><br />松本市内に現存する最も古いモルタル建築が舞台の <br />この美しいカフェ&ギャラリーは、 <br />旅の途中で心に静寂を与えてくれる大切な場所。 <br />机上に出されるものも端正で絵になり、見惚れてしまう。 <br /><br />マフィンランチで味わった幸せをお裾分けしたくて、 <br />雑穀やシード類が練り込まれたマフィンをお願いしました。 <br />自宅でトーストすれば、外はカリッ、中はモッチリの食感に。 <br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150414172209e16.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150414172209e16.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo8konohi" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>[ 静岡・掛川「ステーショナリーカフェ konohi」から“ショートブレッド” ] </strong><br /><br />コスモス街道沿いに建つ昭和レトロな民家と別れ、 <br />姉妹でゼロから案を練った建物へ移転したのは2014年2月。 <br />新築なのに、ずっとずっと昔から在ったような佇まいで、 <br />以前と変わらず……いや以前よりも心を緩められるように。 <br /><br />帰宅後、余韻を楽しませてくれたのがショートブレッド。 <br />香りが心地いい“アールグレイ”、エダムチーズを使った“チーズ”、 <br />ワインにも合う“ゴルゴンゾーラ&胡桃”の3種類を販売します。 <br />         <br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150414172234593.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150414172234593.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo9sousou" border="0" width="500" height="750" /></a><br /><br /><strong>[ 大阪・枚方「草々徒/Repos de midi」から“ルポのジャム” ] </strong><br /><br />住宅街の細道を奥へ奥へと進んで到着した、 <br />万年寺山の麓の古民家。味のある道具や作家ものが並び、 <br />竹林を前にした窓辺の席で心ゆくまでくつろいだ春の昼下がり。 <br /><br />そんな「草々徒」と姉妹店の「Repos de midi」で <br />販売中のジャムは、カフェで人気の味をイメージしているそう。 <br />ハチミツとミルクのジャム、抹茶とミルクのジャム、 <br />タイミングが合えば季節の味が追加されるかもしれません。 <br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015041417223434d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015041417223434d.jpg" alt="蜈・判蜒・gazo10chanaan" border="0" width="500" height="332" /></a><br /><br /><strong>[ 鹿児島・姶良「Chanaan」から“黒糖かりんとうラスク” ] </strong><br /><br />失礼かな、鹿児島でこれほど滋味深いパンに <br />出合えるとは思ってもみなかった。 <br />ベーカリーの奥に潜む3卓のみのカフェも不思議と落ち着くし、 <br />とても遠いけれど、焦がれ続けている一軒。 <br /><br />ライ麦パンやフォカッチャ、焼き菓子をお持ち帰りした中で、 <br />家族にもとても好評だったのが黒糖風味のラスクでした。 <br />もとのバゲットがおいしいから? きっと止まらなくなるはず。
1357

森、道、市場2015 「リトル オキナワ」⑤ produced by セソコマサユキ

セソコマサユキの「沖縄土産もの店」 feat.はらいそこれまで紹介してきた7組のほかに、みなさんに手に取ってもらいたい沖縄のものをいくつか選んで少しだけ会場に持っていきたいと思っています。名付けて「沖縄土産もの店」。どんなものを持って行こうかな? その一部をご紹介しましょう。沖縄県中部の東海岸にあるうるま市を拠点に活動するデザインユニットmonoboxが営むギャラリー・クラフトショップ「はらいそ」のポップアップ... <strong>セソコマサユキの「沖縄土産もの店」 feat.はらいそ</strong><br /><br />これまで紹介してきた7組のほかに、<br />みなさんに手に取ってもらいたい沖縄のものをいくつか選んで<br />少しだけ会場に持っていきたいと思っています。<br />名付けて「沖縄土産もの店」。<br />どんなものを持って行こうかな? その一部をご紹介しましょう。<br />沖縄県中部の東海岸にあるうるま市を拠点に活動するデザインユニット<br />monoboxが営むギャラリー・クラフトショップ「はらいそ」のポップアップ・ストアが登場。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150413150022933.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150413150022933.jpg" alt="リトルオキナワ51" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />風光明媚な「海中道路」や世界遺産の勝連城跡、沖縄らしい文化も残るうるま市。<br />そこを拠点にするからこそ、出会えたうるま市の魅力的なつくり手たちを紹介してくれます。<br />それは例えば、染色工房「花藍舎」、<br />「ふじのびんがた染工房」に「紅型工房tocotoco」、<br />陶芸からは「陶房土火人」「工房ことりの」「陶房Gallery島色」、<br />とんぼ玉の「ヤドカリ工房」、「ガラス工房てとてと」。<br />そして「津堅にんじんサイダー」。<br /> 県内でもなかなかお目にかかれないラインナップが、愛知県の会場に揃います。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150413150024d2f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150413150024d2f.jpg" alt="リトルオキナワ52" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />そして最後に、<br />昨年から製作に取り掛かっていた著書第二弾「あたらしい離島旅行」を、<br />いちはやく会場で販売します。<br />単なるガイドブックではなく、それを営む人々の物語を編むように。<br />そんな第一弾「あたらしい沖縄旅行」のコンセプトを引き継ぎながら、<br />八重山、宮古、与論島に福江島(五島)、瀬戸内の島々を巡って出会った、<br />31の魅力的なカフェやパン屋、雑貨店などを紹介しています。<br />ちいさな島で生き生きと暮らす彼らの営みを通して<br />「豊かな暮らしとはなんだろう」、<br />そんなことを考えながら綴った一冊です。<br />旅のお供に、ぜひ手に取ってみてください。<br /><br />はらいそ<br /><a href="http://haraiso.gallery" target="_blank" title="http://haraiso.gallery">http://haraiso.gallery</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150413150025b3f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150413150025b3f.jpg" alt="リトルオキナワ53" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />以上が「Little Okinawa」の全ての出店内容です。<br />ぜひLittle Okinawaに足を運んで、沖縄の息吹を感じてくださいね。<br />いつしかみなさんが、沖縄を訪れるきっかけになりますように。<br />それでは、会場でお会いしましょう!
1334

森、道、市場2015 「リトル オキナワ」④ produced by セソコマサユキ

【しかく舎】男子だってかわいいものを身につけたいっていうきもちがあったりするわけで。 女性っぽいもの、ということではなくて、ちゃんと男子目線で作られた、かわいいもの。そんなときは雑貨屋そを営み、デザイナーでもあるタナベユウヘイさんと、イラストレーターのナカハジメさんのユニット「しかく舎」のプロダクトをお勧めしたい。ドクロがペイントされたサルエルパンツや マスクマン(プロレスラー?)のイラストがかわい... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150401155531980.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150401155531980.jpg" alt="so" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【しかく舎】</strong><br /><br />男子だってかわいいものを<br />身につけたいっていうきもちがあったりするわけで。<br /> 女性っぽいもの、ということではなくて、<br />ちゃんと男子目線で作られた、かわいいもの。<br /><br />そんなときは雑貨屋そを営み、<br />デザイナーでもあるタナベユウヘイさんと、<br />イラストレーターのナカハジメさんのユニット<br />「しかく舎」のプロダクトをお勧めしたい。<br /><br />ドクロがペイントされたサルエルパンツや<br /> マスクマン(プロレスラー?)のイラストがかわいらしいトートバッグなど、<br /> 男子が好みそうなモチーフを用い、<br />デザインとイラストというシカクい二次元の世界から飛び出して、<br />さまざまなプロダクトを生み出している。<br /><br />役割分担というものはなく、打ち合わせと称して飲みながら、<br />その時に作りたいものを作る、という。<br /><br />ふたりの会話はいつだって軽妙で、聞いているだけでも楽しい。<br /> 森、道、市場ではどんなプロダクトが飛び出すんだろう?<br /><br />そんな風にして生まれる遊び心たっぷり、<br />というか遊び心だけでできたようなそのプロダクトだから、<br /> 身につければ、いつだって、誰だって、心が弾むはずだ。<br /><br /><br /><strong>しかく舎</strong><br /><a href="http://sso-design.jp/zakka.html" target="_blank" title="http://sso-design.jp/zakka.html">http://sso-design.jp/zakka.html</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1243.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015040115553252d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015040115553252d.jpg" alt="bo" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【佐藤 尚理】</strong><br /><br />陶芸家、ではなくて、<br /> 造形作家といったほうがいいのだろうか。<br /><br />もともと彫刻を学んでいたという経歴を持つ佐藤さんの陶器の魅力は、<br />そのやわらかな線にあると思っている。<br /><br />ゆるやかでありながら、<br />しっかりと地に足が付いているような、<br />アートのようで、暮らしに馴染んでいる、<br />そのやわらかな線。<br /><br />相反するふたつの要素が絶妙に絡み合って、<br /> 独特のたたずまいを持っている。<br /><br />その器がひとつ食卓に並ぶだけで、<br />たちまちそこは、あたたかな雰囲気に包まれる。<br /><br />本島南部の南城市にある工房は<br />水曜日と土曜日だけギャラリーとして解放していて、<br />その作品を見ることができる。<br /><br />その場所は「BONOHO」と名付けられていて<br /> その不思議な響きの名前の由来は、<br /> 「ぼ」く「の」「ほし」いもの、なんだそうだ。<br />なるほどたしかにそうなんだろう。 <br /><br />ものづくりの根本には、<br /> 自分がなにを欲しいか、という気持ちがあり、<br />それを突き詰めた先に、多くの人に愛される作品なり、<br /> 商品があるのだろう。<br /><br />そうやって自分の欲求に素直につくっているからこそ、<br /> 尚理さんの器の造形は驚くほど自由で、<br />やわらかな体温を感じさせるのだ。<br /><br /><br /><strong>佐藤 尚理</strong><br /><a href="http://makoto780801.ti-da.net" target="_blank" title="http://makoto780801.ti-da.net">http://makoto780801.ti-da.net</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1056.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a>
1332

森、道、市場2015 「LIVERARY library」 ②

【LIVERARY library】-2nd Lineup-東海圏を中心とした、ローカル/カルチャーを発信するウェブマガジン「LIVERARY」が、前年に引き続き、またまた<ネット>から<リアル>へと飛び出すことになりました。LIVERARYのコンセプトのひとつであり、名前の由来にもなっている<library(=図書館)>をぼくたちなりのセレクトで森、道、市場に出現させるなら、どんなコンテンツがおもしろいのか?を考えてみました。…ということで、お待... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/LL_logo_2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/LL_logo_2.jpg" alt="LL_logo_2.jpg" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><br /><strong>【LIVERARY library】</strong><br />-2nd Lineup-<br /><br />東海圏を中心とした、ローカル/カルチャーを発信するウェブマガジン<br />「LIVERARY」が、前年に引き続き、<br />またまた<ネット>から<リアル>へと飛び出すことになりました。<br /><br />LIVERARYのコンセプトのひとつであり、<br />名前の由来にもなっている<library(=図書館)>を<br />ぼくたちなりのセレクトで森、道、市場に出現させるなら、<br />どんなコンテンツがおもしろいのか?を考えてみました。<br /><br />…ということで、お待たせしました。<br /><br />前回に引き続き、<br />「LIVERARY library」のセカンド・ラインナップを発表します。<br /><br />今回は、ショップの参加だけではなく、<br />各々にマイペースに活躍する作家さんたちを<br />僕らの図書館にお招きすることになりました。<br /><br />まずは、「森、道、市場」が開催される蒲郡市出身。<br />『シティライツ(モーニングKC/小学館)』<br />『音楽と漫画(太田出版)』<br />などの名作漫画や、月刊「ウォンブ」のキャラクターなどを描きつつ、<br />LIVERARY本誌でも四コマを不定期連載中の漫画家<br />「<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1214.html" target="_blank" title="大橋裕之">大橋裕之</a>」の似顔絵屋さん。<br /><br />そして、同じく愛知から全国へ飛び出し、<br />マガハ系の雑誌などで挿画を見ない日はないレベルで大活躍中!<br />持ち前のDIY精神をペンと絵筆とキャップとスケートボードに宿し、<br />意気揚々とストリートをライドし続ける、<br />オルタナ系姉妹イラストレーター「<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1204.html" target="_blank" title="STOMACHACHE">STOMACHACHE</a>.」の缶バッチ屋さん。<br /><br />さらに、国内インディーシーンに風穴をあけまくり大暴れしていた<br />パンクバンド・SIKASIKAのギタリストでもある、<br />村門ちあきによるハイセンス/ローファイな、<br />がま口ショップ 「<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1112.html" target="_blank" title="DIAMOND WHIPESS">DIAMOND WHIPESS</a>」。<br /><br />昨年は、ON READINGでの展示の他、<br />神戸のフェス・港町ポリフォニー2014において<br />マルシェスペースの什器をすべて手がけるなど、<br />日々活動の領域を広げる、岐阜県大垣市を拠点とする 建築ユニット「<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1296.html" target="_blank" title="Tab">Tab</a>」。<br /><br />そして、LIVERARYともに、名古屋ローカルシーンからも3組。<br /><br />海外雑貨や手作り雑貨、<br />キッチュを飛び越えどこまでも進む<br />「<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1116.html" target="_blank" title="旅する雑貨とハンドメイド・チェルプ">旅する雑貨とハンドメイド・チェルプ</a>」。<br /><br />昨年は、ON READINGにて個展を開催。<br />今年4月には小田島等とのライブペインティングを行う等、<br />作家活動も推進中の井本幸太郎(SUBUMBRA)が手がける、<br />植物×デザインの不思議なコラボレーション<br />「<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1188.html" target="_blank" title="アトリエみちくさ">アトリエみちくさ</a>」。<br /><br />LIVERARYでは、糸をテーマに、<br />人と人も編み上げるようなコラム『糸りとり』を連載中の編み作家、<br />「<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1102.html" target="_blank" title="AKI NARUJi">AKI NARUJi</a>」のアクセサリーショップ。<br /><br />さまざまな個性のカラーを持った、<br />作家/デザイナー/クリエイターが<br />バリエーションも豊かに集結します。<br /><br />前回ご紹介した、<br />「ON READING」「EGYPT RECORDS」「Dufi」「西アサヒ」<br />「coffee,please」「にちよう市」「名古屋渋ビル研究会」「LOVE」<br />に加え、上記7店(作家)の追加となりました。<br /><br />さらに、ワークショップや、スペシャルライブなども企画中です。<br />また、LIVERARY編集部によるショップブースも登場!<br />そちらの詳細は、次回ご紹介します。どうぞお楽しみに。<br /><br />ローカル/カルチャーを切り取った、<br />ひとつの小さな商店街のような<br />新しいスタイルの図書館 「LIVERARY library」へ。<br />皆さん、ぜひお立ち寄り下さい。<br /><br />Text by Takatoshi Takebe / LIVERARY<br />Design by Ryota Evina / LIVERARY<br /><br /><strong>LIVERARY</strong><br /><a href="http://liverary-mag.com/" target="_blank" title="http://liverary-mag.com/">http://liverary-mag.com/</a><br /><br />
1330

森、道、市場2015 コチカのスタンプラリー!

【森、道、市場2015 コチカのスタンプラリー!】場内に設置してあるスタンプを見つけて当日マップ(無料)に押して遊びます。スタンプは活版版画家コチカのオリジナルデザインで、すべて手彫りで作られています。スタンプは2日間で違うデザインになるので両日来られるお客様は是非それも楽しんでもらえるとうれしいです!そして前夜祭には特別なスタンプも…!コチカhttp://kocka.co... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/kostamp1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/kostamp1.jpg" alt="kostamp1.jpg" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><br /><strong>【森、道、市場2015 コチカのスタンプラリー!】</strong><br /><br />場内に設置してあるスタンプを見つけて当日マップ(無料)に押して遊びます。<br />スタンプは活版版画家コチカのオリジナルデザインで、すべて手彫りで作られています。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/koatamp2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/koatamp2.jpg" alt="koatamp2.jpg" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><br />スタンプは2日間で違うデザインになるので<br />両日来られるお客様は是非それも楽しんでもらえるとうれしいです!<br />そして前夜祭には特別なスタンプも…!<br /><br /><strong>コチカ</strong><br /><a href="http://kocka.co" target="_blank" title="http://kocka.co">http://kocka.co</a>
1325

『ALPS BOOK CAMP DROPs』④ @森、道、市場

【山鳩舎】*1日目のみWEBとイラストを手掛ける、松本在住の制作ユニット。イラストレーター・みやぎちかの、程よく脱力したシンプルなラインが描くイラストには、国内だけでなく、台湾・香港にもファンが多い。「ALPS BOOK CAMP」でも、広告デザイン全般を担う。山鳩舎http://yamabatosha.com【ch.books】編集者とデザイナーが営む、長野市街地の新刊書店。旅とアートが書架のテーマで、写真集やデザイン関連書のほか、zineも充... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150326152845182.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150326152845182.jpg" alt="12_山鳩舎" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【山鳩舎】</strong>*1日目のみ<br /><br />WEBとイラストを手掛ける、松本在住の制作ユニット。<br />イラストレーター・みやぎちかの、<br />程よく脱力したシンプルなラインが描くイラストには、<br />国内だけでなく、台湾・香港にもファンが多い。<br />「ALPS BOOK CAMP」でも、広告デザイン全般を担う。<br /><br />山鳩舎<br /><a href="http://yamabatosha.com" target="_blank" title="http://yamabatosha.com">http://yamabatosha.com</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/13_chbooks.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/13_chbooks.jpg" alt="13_chbooks.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【ch.books】</strong><br /><br />編集者とデザイナーが営む、長野市街地の新刊書店。<br />旅とアートが書架のテーマで、<br />写真集やデザイン関連書のほか、zineも充実。<br />階上はフリーペーパー「チャンネル」編集室で、<br />平日は朝カフェの営業も。<br /><br />ch.books<br /><a href="http://chan-nel.jp" target="_blank" title="http://chan-nel.jp">http://chan-nel.jp</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/13_01_PomPom.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/13_01_PomPom.jpg" alt="13_01_PomPom.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【PomPom】</strong><br /><br />松本を中心に活動する、女性6人組の作家ユニット。<br />木、紙、布、陶、絵、写真と、素材もさまざま。<br />それぞれの制作活動に加えて、<br />グループ展やワークショップの開催、<br />zineの共作など、幅広く活躍中。<br /><br />PomPom<br /><a href="http://pompom.ciao.jp" target="_blank" title="http://pompom.ciao.jp">http://pompom.ciao.jp</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150326152847e63.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150326152847e63.jpg" alt="14_OND WORK SHOP" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【OND WORK SHOP】</strong>*1日目のみ<br /><br />長野市にある、革職人・木村真也のアトリエ兼ショップ。<br />浅草の老舗ベルトメーカーで修行を積んだ確かな腕で、<br />ハンドメイドの革製品を制作する。<br />作品のひとつひとつからは、その人柄と同じように、<br />優しく、真摯な「温度」を感じる。<br /><br />OND WORK SHOP<br /><a href="https://www.facebook.com/pages/オンドワークショップ/345646785612630" target="_blank" title="https://www.facebook.com/pages/オンドワークショップ/345646785612630">https://www.facebook.com/pages/オンドワークショップ/345646785612630</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015032615285026e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015032615285026e.jpg" alt="15_L PACK" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【L PACK】</strong>*1日目のみ<br /><br />小田桐奨・中嶋哲矢によるアーティストユニット。<br />バックパックに詰め込んだ道具と、<br />現地の素材を巧みに活かし、<br />全国各地にコーヒーのある風景を生み出す。<br />信州でも毎年5月の松本で「現在民藝館」を開館。<br /><br />L PACK<br /><a href="http://lpack.exblog.jp" target="_blank" title="http://lpack.exblog.jp">http://lpack.exblog.jp</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201503261527193a6.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201503261527193a6.jpg" alt="16_喫茶ヤマとカワ" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><strong>【喫茶ヤマとカワ 】</strong>*2日目のみ<br /><br />長野市秋葉横丁にある、自家焙煎珈琲の店。<br />昭和初期の民家を改装した店内は、<br />大阪出身の店主と花編み作家のパートナーによる、<br />温かい心配りが随所にみられ、<br />ふわり、ゆるり、ついつい長居してしまう。<br /><br />喫茶ヤマとカワ<br /><a href="https://www.facebook.com/kissayamatokawa" target="_blank" title="https://www.facebook.com/kissayamatokawa">https://www.facebook.com/kissayamatokawa</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150326152720ba7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150326152720ba7.jpg" alt="17_monsoon donuts" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【monsoon donuts】</strong>*1日目のみ<br /><br />群馬・前橋で「donuts stand」を営む、<br />豆富ドーナツ専門店。<br />地元の畑の恵みから生まれたドーナツたちは、<br /><br />卵や乳製品を使わずとも、大満足の食べ応え。<br /><br />今日も「おいしい」笑顔の環が広がる。<br /><br />monsoon donuts<br /><a href="http://www.monsoondonuts.com" target="_blank" title="http://www.monsoondonuts.com">http://www.monsoondonuts.com</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150326152721d74.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150326152721d74.jpg" alt="18_Famers Kitchen GONDO" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【Famers Kitchen GONDO】</strong><br /><br />長野市の権堂アーケード通りにある、<br />地元農家を応援する八百屋ダイニング。<br />店頭で販売する信州野菜を活かした、<br />彩り豊かな料理の数々が、<br />訪れる人に生産者の想いを伝える。<br /><br />Famers Kitchen GONDO<br /><a href="https://www.facebook.com/pages/Farmers-kitchen-GONDO/619272011496128" target="_blank" title="https://www.facebook.com/pages/Farmers-kitchen-GONDO/619272011496128">https://www.facebook.com/pages/Farmers-kitchen-GONDO/619272011496128</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015032615272489f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015032615272489f.jpg" alt="19_common market" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【common market】</strong><br /><br />信州・小諸発のファーマーズマーケット。<br />農産物や加工品が作られる過程や、<br />そこに込められた想い、考えを、<br />ダイレクトに伝え、受け取る場として、<br />生産者・生活者の双方から支持されている。<br /><br />common market<br /><a href="http://komoro.commonmarket.jp/" target="_blank" title="http://komoro.commonmarket.jp/">http://komoro.commonmarket.jp/</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015032615272543a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015032615272543a.jpg" alt="20_空想可音楽団" border="0" width="500" height="331" /></a><br /><br />【空想可音楽団】<br /><br />松本を拠点に活動する3人組の音楽旅団。<br />クラシックからアイリッシュまで、心躍る音楽を。<br /> Gt:あんどうのりお/Vn:えさしりか /Key:はねだしおり
1315

「Irish Music Party in 森、道、市場」

「吉祥寺の人気イベント”Irish Music Party”が森道市場にやってくる!」毎回100人近くを動員し、常にソールドアウトのイベント”Irish Music Party”J-Waveでも定期的にとりあげられ今や人気のイベントが森道市場に初出張します。森道市場 presents "Irish Music Party"とは。。。アイルランドの音楽、アイリッシュミュージック。普段はアイリッシュパブなどで聴かれることの多いこの音楽を、パブから持ち出して野外で楽しみ、しかも... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/irish1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/irish1.jpg" alt="irish1.jpg" border="0" width="500" height="281" /></a><br /><br /><strong>「吉祥寺の人気イベント”Irish Music Party”が森道市場にやってくる!」</strong><br /><br />毎回100人近くを動員し、常にソールドアウトのイベント”Irish Music Party”<br />J-Waveでも定期的にとりあげられ今や人気のイベントが森道市場に初出張します。<br /><br />森道市場 presents "Irish Music Party"とは。。。<br /><br />アイルランドの音楽、アイリッシュミュージック。<br />普段はアイリッシュパブなどで聴かれることの多いこの音楽を、<br />パブから持ち出して野外で楽しみ、しかも踊れる、そんな素敵な企画です。<br />ビールを片手に人と語らいながら音楽に耳をかたむけるのも良し。<br />ステージで聴く音楽とは別に、もっと身近に音楽を楽しめることでしょう。<br /><br />Movieはこちら!<br /><a href="https://www.youtube.com/watch?v=4SYR4Y6vNNw" target="_blank" title="https://www.youtube.com/watch?v=4SYR4Y6vNNw">https://www.youtube.com/watch?v=4SYR4Y6vNNw</a><br /><br />Irish Music Party Facebook<br /><a href="https://www.facebook.com/irishmusicparty" target="_blank" title="https://www.facebook.com/irishmusicparty">https://www.facebook.com/irishmusicparty</a><br /><br /><strong><Irish Music Party 出演者></strong><br />john*(フィドル)/Tim Scanlan(ハモニカ、ギター、歌)/<br />野口明生(イリアンパイプス)/トシバウロン(バウロン)<br />
1309

森、道、市場『フランシスコの海の家2015』②

美しいと思う景色や音楽、楽しいと心躍る仲間との時間美味しいと歓びを共感し共鳴し合う料理『フランシスコの海の家 2015』砂浜の大きな白いドームと浪打際のロングテーブル森道市場の世界と波音の交わるその場所で森道市場の風を感じながら、仲間と共に波音に心をゆだねる【中島デコ×フランシスコの海の家】千葉県いすみ市で「ブラウンズフィールド」を主宰する中島デコさんが森道市場2015フランシスコの海の家との共同企画、前夜... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150317114819047.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150317114819047.jpg" alt="フランシスコ写真1" border="0" width="400" height="600" /></a><br /><br />美しいと思う景色や音楽、楽しいと心躍る仲間との時間<br />美味しいと歓びを共感し共鳴し合う料理<br /><br /><strong>『フランシスコの海の家 2015』</strong><br /><br />砂浜の大きな白いドームと浪打際のロングテーブル<br />森道市場の世界と波音の交わるその場所で<br />森道市場の風を感じながら、仲間と共に波音に心をゆだねる<br /><br /><hr size="1" /><br /><strong>【中島デコ×フランシスコの海の家】</strong><br /><br />千葉県いすみ市で「ブラウンズフィールド」を主宰する中島デコさんが<br />森道市場2015フランシスコの海の家との共同企画、前夜祭で特別な料理をつくります<br /><br />夕日が沈む黄金色の時間を過ぎる頃<br />砂浜に集まり食卓を共にする<br />地元のオーガニック野菜、自家製調味料を使って作られる<br />生命力あふれる特別な料理を<br />海辺のロングテーブルで中島デコさんと共に語り楽しむ前夜祭<br /><br />限定40食(要予約)<br />※料理の内容、時間など詳細については後日<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/deco.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/deco.jpg" alt="deco.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>中島デコ</strong><br />料理研究家。16歳でマクロビオティックに出会い、25歳から本格的に学び始める。<br />二度の結婚で2男3女の母となり、99年エバレット・ブラウンとともに千葉県いすみ市に移住。<br />この土地との出会いが「ブラウンズフィールド」を生み出した。料理本やエッセイなど著書多数。<br />ブラウンズフィールド<br /><a href="http://brownsfield-jp.com/" target="_blank" title="http://brownsfield-jp.com/">http://brownsfield-jp.com/</a><br /><br /><hr size="1" /><br /><br /><strong>【ウェイロン×フランシスコの海の家】</strong><br /><br /><strong>ヨガ・ワークショップ</strong><br /><br />世界を旅するウェイロン・ベルディング先生による<br />Zuddha Yogaの楽しいワークショップ<br />開催時刻は前夜祭の太陽が沈む頃!みんな砂浜に集まれ!<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/yoga.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/yoga.jpg" alt="yoga.jpg" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><br /><strong>ウェイロン・ベルディング</strong><br />カナダ・ブリティッシュコロンビアの森や山に囲まれ誕生しました。<br />人生の最初の6年間を農場で過ごし動物や木々、自然に対する理解を深めながら育ちました。<br />青年時代は自分自身を癒す事。そして、世界を助ける。という目的に費やされます。<br />そして、ヨガに出会った瞬間から自身の人生の目的に目覚めました。<br />世界中を旅し、多数の偉大な師に出会い勉強と練習を積み重ねました。<br />現在は世界を旅しながら自らが開発した個性あるヨガ『Zuddha Yoga』を教え、<br />地球と人類の手助け、音楽とヨガを通じての社会貢献、そしてヨガ信念に基ずいたシンプルで持続可能な生活を<br />築く手助けをしながら活動を続けています。<br /><a href="http://www.zuddhalotus.com/" target="_blank" title="http://www.zuddhalotus.com/">http://www.zuddhalotus.com/</a><br /><br /><hr size="1" /><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150317114841d34.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150317114841d34.jpg" alt="フランシスコロゴ1" border="0" width="477" height="100" /></a><br /><br /><strong>【フランシスコの海の家デリカテッセン】</strong><br /><br />三河湾の美しい海岸沿にある「cafe ocean」<br />私たちは、皆で種を蒔き、自然と人と共に育むカフェ<br />無農薬で大切に育てている畑のオーガニック野菜と<br />三河湾が育む自然の恵みである鮮魚を使って作るデリカテッセン(お惣菜)<br />季節の果実や野菜を使ったスイーツ、オリジナルドリンクなどを作ります<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150317114822b33.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150317114822b33.jpg" alt="フランシスコ写真2" border="0" width="500" height="205" /></a><br /><br />森道市場という世界で出会う人たちと語らい過ごす波打ち際の特別な食卓<br /><br /><strong>cafe ocean</strong><br /><a href="http://www.cafe-ocean.com" target="_blank" title="www.cafe-ocean.com">www.cafe-ocean.com</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150317114823cca.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150317114823cca.jpg" alt="フランシスコ写真3" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><br />手廻しの焙煎機で焼いたノスタルジックスタイルのオーガニック珈琲と紅茶<br /><br /><strong>Plein soleil</strong><br /><a href="http://miyachicoffee.tumblr.com" target="_blank" title="http://miyachicoffee.tumblr.com">http://miyachicoffee.tumblr.com</a><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150317114843402.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150317114843402.jpg" alt="フランシスコロゴ2" border="0" width="477" height="100" /></a><br /><br />朝日を浴びて楽しむカラダが喜ぶ朝ごはんと浜辺のモーニング・ヨガ<br />太陽と大地の恵みを受けて力強く育った野菜<br />春夏秋冬をきちんと過ごした味噌や醤油、太陽の光をしっかり浴びた塩<br />それらを使い心をこめて作ります<br /><br /><strong>root</strong><br /><a href="http://root-a.petit.cc" target="_blank" title="http://root-a.petit.cc">http://root-a.petit.cc</a><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150317114844b22.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150317114844b22.jpg" alt="フランシスコロゴ3" border="0" width="477" height="100" /></a><br /><br />名古屋市で自然派(BIO)ワインを専門に扱う「ペシコ」<br /><br /><strong>PESHICO</strong><br /><a href="http://terrecrue.me/" target="_blank" title="http://terrecrue.me/">http://terrecrue.me/</a><br /><br />クラフトビールを専門に扱う「シンノスケ.オー」が初出店!<br />国内外の新鮮な樽生ビールを楽しめます<br /><br /><strong>shinnosuke.O</strong><br /><a href="http://ameblo.jp/toyohashi-shinnosuke/" target="_blank" title="http://ameblo.jp/toyohashi-shinnosuke/">http://ameblo.jp/toyohashi-shinnosuke/</a><br /><br />出来る限り自然な製法で作られた素晴らしいワインと樽生のクラフト生ビールを<br />森道市場、「フランシスコの海の家」という特別な空間でお楽しみください<br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150317114825966.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150317114825966.jpg" alt="フランシスコ写真4" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150317114846842.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150317114846842.jpg" alt="フランシスコロゴ4" border="0" width="477" height="100" /></a><br />フランシスコの海の家「ISLAND SURF」エリアでは<br />シーカヤック体験会とスタンドアップパドルボード(SUP)体験会を行います<br />今年も6人乗りアウトリガーカヌーも登場します<br />一緒に海に散歩に出かけ、森道市場を海から眺めてみましょう<br />その景色はいつもとは違って見えるはずです<br /><br /><strong>ISLAND SURF</strong><br /><a href="http://www.cafe-ocean.com/cafe/sea/" target="_blank" title="http://www.cafe-ocean.com/cafe/sea/">http://www.cafe-ocean.com/cafe/sea/</a>
1300

森、道、市場2015 「軽食&ミュージックフェスティバル」③

定食&ミュージックフェスティバルひとり事務局のトミヤマカズヤスマキです。埼玉県の川口市にて始まった局所的極小フェス、通称「定食フェス」。川口市を飛び出し、森、道、市場にてエリアをプロデュースすることになりました。今回は素晴らしいライブのお供に、関東を中心に美味しい軽食を携え「軽食&ミュージックフェスティバル」として森、道、市場におじゃまいたします。■定食&ミュージックフェスティバルhttp://teisyokufes... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/teisyokufes2_01.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/teisyokufes2_01.jpg" alt="teisyokufes2_01.jpg" border="0" width="500" height="500" /></a><br />定食&ミュージックフェスティバルひとり事務局のトミヤマカズヤスマキです。<br />埼玉県の川口市にて始まった局所的極小フェス、通称「定食フェス」。<br />川口市を飛び出し、森、道、市場にてエリアをプロデュースすることになりました。<br />今回は素晴らしいライブのお供に、関東を中心に美味しい軽食を携え<br /><br /><strong>「軽食&ミュージックフェスティバル」</strong><br /><br />として森、道、市場におじゃまいたします。<br /><br /><strong>■定食&ミュージックフェスティバル</strong><br /><a href="http://teisyokufes.web.fc2.com" target="_blank" title="http://teisyokufes.web.fc2.com">http://teisyokufes.web.fc2.com</a><br /><br />定食フェスは昨年まで埼玉県川口市のお店、senkiyaにて開催していました。<br />このsenkiyaというお店、同じ敷地にカフェ、雑貨、革細工、自動車整備工場、珈琲豆焙煎などいろんなお店が同居しているのです。<br />ちょっとフラリと珈琲を飲みに立ち寄ると色んな人と出会います。<br />定食フェスもそんな出会いから生まれました。<br />今日はそんなsenkiyaを通じて出会った出店者さんをご紹介いたします。<br /><br /><hr size="1" /><br />The Whoの曲に、Magic Busという曲があります。<br />ある日、senkiyaに一台のMagic Busがやってきました。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/tsukimo-shadow.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/tsukimo-shadow.jpg" alt="tsukimo-shadow.jpg" border="0" width="500" height="373" /></a><br /><br /><strong>■ツキモバザール</strong><br /><a href="http://www.tsukimobazaar.com" target="_blank" title="http://www.tsukimobazaar.com">http://www.tsukimobazaar.com</a><br /><br />古いワーゲンバスにボディに描かれた一面のグラフィック。<br />イラストレーターのboojilさんが描いた最高にハッピーなグラフィックです。<br />ワーゲンバスの中には優しい目をした男性が体を縮めて座っていました。<br />店主の望月さんです。<br />埼玉県行田市に店舗を構えながら、このワーゲンバスで都内近郊に出店に赴くツキモバザールさん。<br />No Egg , No Butter を掲げた看板の通り、100%オーガニックのパンがツキモバザールさんの魅力です。<br />パンそのものの深い味わいもさることながら、そのパンを使ったサンドイッチがまた格別なんです。<br />響き渡るワーゲンバスのエンジン音とともに、埼玉が誇るMagic Busが森、道、市場にやってきます。<br />乗り遅れるな!<br /><br /><hr size="1" /><br />埼玉県越谷市。<br />日本最大級のショッピングモール、イオンレイクタウンのある街に昨年新たなお店が誕生しました。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/koshigaya.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/koshigaya.jpg" alt="koshigaya.jpg" border="0" width="500" height="188" /></a><br /><br /><strong>■越谷星草荘</strong><br /><a href="http://kissa-sosui.com/hoshikusaso/" target="_blank" title="http://kissa-sosui.com/hoshikusaso/">http://kissa-sosui.com/hoshikusaso/</a><br /><br />アクセサリー工房のオタマヂャクシ工房と、古道具のピーナッツ軒、そして喫茶ソスイの3店舗が共同で始めたお店です。<br />古いフラットハウスをセルフリノベーション。<br />人の温もりの溢れた空間が誕生しました。<br />そもそもオタマヂャクシ工房さんはかつてはsenkiya敷地内にお店を構えていました。<br />それこそsenkiyaが誕生する前からです。<br />かつてsenkiyaはオープンしてしばらくは雑貨屋さんしか稼動しておらず、僕は自然とオタマヂャクシ工房に立ち寄って、店主の今出さんとそのユーモア溢れる作品に囲まれてお喋りしていたものです。<br />そんな今出さんの新しい挑戦が自らの城を持つこと。<br />志を同じくする仲間と共に森、道、市場に出店していただくことになりました。<br />星草とは小さな花が集まってまるで星のように見える植物です。<br />越谷星草荘の雰囲気が伝わるといいな、と思います。<br /><br /><hr size="1" /><br />のむ。<br />つくる<br />くう。<br />縦読みしたら…<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/nock_web.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/nock_web.jpg" alt="nock_web.jpg" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><strong>■のっく</strong><br /><a href="https://www.facebook.com/knocksimai" target="_blank" title="https://www.facebook.com/knocksimai">https://www.facebook.com/knocksimai</a><br /><br />のっくさんは実の姉妹で結成されたケータリングユニットです。<br />senkiyaでとある夏、ママさんのママさんによるママさんのためのイベントが開催されました。<br />その名も「ママーソニック」<br />平日の昼間にもかかわらず大盛況だったイベントを中心になって企画されたのがのっくさんでした。<br />僕はこのイベントのフライヤーとライブを担当させていただきました。<br />その後、第二回の定食フェスに出店、そして雑誌「tocotoco」とsenkiyaが主催したトネリコフェスティバルに出店されました。<br />「お腹すいた〜」という腹ペコな僕らに、「じゃあ美味しいの作ってあげる!」と楽しそうに料理するのっくさんはまさに理想のお母さん。<br />美味しくて安心するお料理はまさに「ネオおふくろの味」<br />蒲郡の砂浜に出現する「美味しいドア」をのっく!のっく!のっく!<br /><br /><hr size="1" /><br />心地いい笑い声が響きます。<br />優しくあまい焼き上がりのベーグルのような。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/littlekitchen.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/littlekitchen.jpg" alt="littlekitchen.jpg" border="0" width="500" height="499" /></a><br /><br /><strong>■小さい台所-リトキチ・ベーグルズ</strong><br /><a href="http://chiisai-daidokoro.com" target="_blank" title="http://chiisai-daidokoro.com">http://chiisai-daidokoro.com</a><br /><br />senkiyaには定期的にいろんな方が食べものを販売にやってきます。<br />先に登場したツキモバザールさんや僕たちヘブンズテーブルもそのひとりです。<br />そして、その中でひときわ人気を誇るのがリトキチベーグルズさんです。<br />自家製の酵母で発酵させたモチモチした歯ごたえと優しい甘さのベーグルです。<br />そして生地に、お米つぶを練り込ませたベーグルも。<br />共通の友人であるお米農家やまざきさんの田んぼで真夏の日差しを浴びながら一緒に農作業をしました。<br />過酷な状況でも疲れた顔を見せずにひときわ高い彼女の笑い声を聞くとなぜだか力湧いてくるのです。<br />ふっくらと焼きあがったベーグルにそんなリトキチさんの顔が重なります。<br />ちょっと初夏を感じる蒲郡の空の下でも、きっと彼女は、ノーベーグル , ノーライフ。<br />彼女は彼女のベーグルと一緒に笑っているでしょう。<br /><br /><hr size="1" /><br />そんなリトキチ・ベーグルズさんと一緒になんと石川県から大人気カフェが出店してくれます。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/icou_web.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/icou_web.jpg" alt="icou_web.jpg" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><strong>■ICOU</strong><br /><a href="http://icou.exblog.jp" target="_blank" title="http://icou.exblog.jp">http://icou.exblog.jp</a><br /><br />石川県七尾市にあるICOUさん。<br />もともと廻船問屋から始まり、造り酒屋として使われてきた由緒正しき建物を店舗として営業されています。<br />先日リトキチベーグルズさんの工房に伺った時にICOUさんのマフィンをいただきました。<br />僕は実はマフィン大好きなんです。<br />チョコとナッツと玄米粉のマフィン。<br />頬緩みっぱなしの僕の口の中でホロホロとほどけていくマフィン。<br />折しも間もなく北陸新幹線が開通します。<br />埼玉から2時間半で繋がった石川県のICOUさんとご一緒させていただき光栄の極みです。<br />そして森道市場会場の蒲郡市とICOUさんのある石川県七尾市はほぼ一直線で日本列島縦断しているのです。<br />日本海と太平洋がつながる瞬間をぜひ体験しましょう!<br /><br /><hr size="1" /><br />蒲郡のみなさん。ICOUさんが石川県から「行こう!」と蒲郡に行くんです。<br />そしてクルんです。<br />え?だからクルんですよ。<br />クルが森道市場にクルんです。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/kuru2012l.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/kuru2012l.jpg" alt="kuru2012l.jpg" border="0" width="500" height="301" /></a><br /><br /><strong>■クル</strong><br /><a href="http://cle-cookie.com" target="_blank" title="http://cle-cookie.com">http://cle-cookie.com</a><br /><br />リトキチベーグルズさんから紹介していただいた埼玉県北本市のクルさん。<br />クッキーを中心に美味しい焼き菓子を作っています。<br />見た目もかわいいクルさんの焼き菓子。<br />もちろん味だって美味しいんです。<br />春めいた陽気を感じ始めたこの時期に桜のクッキーを食べました。<br />サクっシトっとした食感にほのかな甘さ、そして桜の風味が春風のように口の中をそよぎます。<br />クッキーに感じる優しい人柄。<br />それもそのはず、クルさんは店主の高田さんがおひとりでつくっています。<br />そんな貴重なクルさんの焼き菓子が森道市場で食べられますよ。<br />どんなお菓子がやってクルのか、今から僕も楽しみです。<br /><br /><hr size="1" /><br />本日は軽食フェスエリアに出店してくださる方々から僕がsenkiyaで知り合った方々を中心に紹介いたしました。<br />前回の出店者さん紹介とあわせまして、軽食&ミュージックフェスティバルの軽食出店者さんは以上になります。<br />かき氷、焼き菓子、パン、ベーグル、ソーセージなどなど。<br />みなさんの小腹を満たすこと、間違いありません。<br />ぜひ軽食フェスエリアに足をお運び下さいませ!<br /><br />次回はいよいよライブ出演者をご紹介いたします!
1290

森、道、市場2015 海辺の週末サーカス『シロクマ座』②

【海辺の週末サーカス『シロクマ座』】みなさまにはたった2 日間だけですが素敵な体験をして頂きます。今回はシロクマ座においておこなわれる演目を少し発表したいと思います。※ シロクマ流サーカスですので実際のサーカスとは演目が異なりますのでご注意ください。■ JUMPEI KAWAMURA「PORTRAIT」京都在住のイラストレーター・川村淳平が肖像画を描きます。似させることよりも絵的にいいもの、部屋に飾りたくなるものを追求してい... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150311174019635.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150311174019635.jpg" alt="シロクマTOP" border="0" width="500" height="313" /></a><br /><br /><strong>【海辺の週末サーカス『シロクマ座』】</strong><br /><br />みなさまにはたった2 日間だけですが素敵な体験をして頂きます。<br />今回はシロクマ座においておこなわれる演目を少し発表したいと思います。<br />※ シロクマ流サーカスですので<br />実際のサーカスとは演目が異なりますのでご注意ください。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/kawamura1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/kawamura1.jpg" alt="kawamura1.jpg" border="0" width="500" height="705" /></a><br /><br /><strong>■ JUMPEI KAWAMURA「PORTRAIT」</strong><br /><br />京都在住のイラストレーター・川村淳平が肖像画を描きます。<br />似させることよりも絵的にいいもの、部屋に飾りたくなるものを追求しています。<br />凄く似てなくても絵的にいい雰囲気を優先して描きます。<br />※ 詳細は後日発表いたします。<br /><br /><川村 淳平 J U M P E I K A W A M U R A><br />1 9 7 8 京都生まれ。 2 0 0 0 年より、イラストレーターとして活動を始める。 <br />細かな切り絵のパーツを寄せ木細工のように組み合わせて作品を制作。<br /><br /><a href="http://www.jumpei-kawamura.com/" target="_blank" title="http://www.jumpei-kawamura.com/">http://www.jumpei-kawamura.com/</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/nekoshougun1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/nekoshougun1.jpg" alt="nekoshougun1.jpg" border="0" width="500" height="694" /></a><br /><br /><strong>■ 猫将軍「Live Painting」</strong><br /><br />人気イラストレーター猫将軍によるライブペインティングを開催いたします。<br />サーカスをテーマに数枚ほど描きます。描いたイラストも販売します。<br /><br /><猫将軍><br />1 9 8 2 年生まれ。和歌山在住。<br />イラストを描いたり、キャラクターをデザインしたり<br />ライブドローイングもします。<br />好んで描くモチーフは<br />昆虫、動物、女性、宝石、肉、甘いもの。<br />トカゲが好き。<br /><a href="http://nekoixa.com/" target="_blank" title="http://nekoixa.com/">http://nekoixa.com/</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/qua.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/qua.jpg" alt="qua.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><strong>■ quartetto「Animal Mask&Ballon」</strong><br /><br />旅するシロクマと一緒に旅しているバルーン屋です。<br />大人も子供も愉しくなるようなものを取り扱っています。<br />森道市場ではヨーロッパのバルーンとアニマルマスクを十種類ほど並べます。<br />一日に数回、シロクマたちが会場を楽団と共にパレードをするので<br />ぜひ、アニマルマスクをつけて、パレードにご参加くださいね。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/kuma1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/kuma1.jpg" alt="kuma1.jpg" border="0" width="500" height="499" /></a><br /><br /><strong>■ 喫茶『くま』</strong><br /><br />旅するシロクマいきつけの、ちいさな喫茶店です。<br />場所は云えませんが、こぢんまり細々と営業中。<br />動物ばかり集まってしまって人間がなかなか来ません。<br />喫茶の隣ではサーカス衣装に扮したシロクマと写真が撮れます。<br />
1295

森、道、市場2015 「TROPFEST IN JAPAN」

【無料エリアで開催の砂浜野外映画館】レジャーシートや椅子を持ち込んで海辺の砂浜上映会にいこう!沈みゆく夕日が上映開始の合図です。波の気配を感じながらの映画観賞は特別な思い出になることでしょう。--------------<上映作品のご紹介>--------------日本初上映作品6作品を含めた8作品を5 月9 日( 土)/10 日( 日)18:00 から上映いたします。オーストラリアのTROPFEST では毎年700 以上の応募作品があり、優れた16 作品が... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/trop_img1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/trop_img1.jpg" alt="trop_img1.jpg" border="0" width="500" height="250" /></a><br /><br /><strong>【無料エリアで開催の砂浜野外映画館】</strong><br /><br />レジャーシートや椅子を持ち込んで海辺の砂浜上映会にいこう!<br />沈みゆく夕日が上映開始の合図です。<br />波の気配を感じながらの映画観賞は特別な思い出になることでしょう。<br /><br />--------------<strong><上映作品のご紹介></strong>--------------<br /><br />日本初上映作品6作品を含めた8作品を<br />5 月9 日( 土)/10 日( 日)18:00 から上映いたします。<br />オーストラリアのTROPFEST では毎年700 以上の応募作品があり、<br />優れた16 作品が選出され上映されます。<br />TROPFEST IN JAPAN のために過去のTROPFEST 優秀作品より厳選した8作品を選びました。<br />毎年15万人が熱狂する素晴らしいショートフィルムをご堪能ください!!<br />HP <a href="http://www.tropfest.jp/" target="_blank" title="http://www.tropfest.jp/">http://www.tropfest.jp/</a><br />FB <a href="https://ja-jp.facebook.com/tropfestinjapan" target="_blank" title="https://ja-jp.facebook.com/tropfestinjapan">https://ja-jp.facebook.com/tropfestinjapan</a><br /><br /><hr size="1" /><br /><strong>【上映作品※日本語字幕版】</strong><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/barsandtones.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/barsandtones.png" alt="barsandtones.png" border="0" width="178" height="178" /></a><br /><br /><strong>■ BAS AND TONE/ただいま収録中</strong><br />監督:Ariel Martin<br />制作年:2011年<br />時間:06:23<br />TSI:Key/鍵<br /><br />あらすじ:「停止」を押すつもりが「録画」を押してしまった事や、「録画」を押したいのに「停止」を押してしまった経験は?出来損ないのカメラマン ウェスとヴィンスは、忙しいCM撮影現場でもまさにその失敗を繰り返してしまう。その結果、出来上がったCMは全く違う内容に。。。<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/beyondwords.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/beyondwords.png" alt="beyondwords.png" border="0" width="178" height="178" /></a><br /><br /><strong>■ BEYOND WORDS/言葉を超えて</strong><br />監督: Armand de Saint-Salvy<br />制作年: 2009年<br />時間: 6:24<br />TSI:Spring/スプリング<br /><br />あらすじ: 人生の捉え方がどうであろうと何が起こるかわからない、ということを探求するスリリングな物語。<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/grannysmith.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/grannysmith.png" alt="grannysmith.png" border="0" width="178" height="178" /></a><br /><br /><strong>■ GRANNY SMITH/ スミス婆ちゃん</strong><br />監督: Julian Lucas/プロデューサー: Nicholas Cox<br />制作年:2014年<br />時間:7:06<br />TSI:Mirror/鏡<br /><br />あらすじ:仕事をサボるための口実で一番大げさだったものは何?<br />ポールはただ有給を取りたいだけなのに、ルームメイトが考えた口実が。。。<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/lemonadestand.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/lemonadestand.png" alt="lemonadestand.png" border="0" width="178" height="178" /></a><br /><br /><strong>■ LEMONADE STAND/おじいちゃんのレモネード</strong><br />監督: Alethea Jones<br />制作年: 2012<br />TSI: LIGHT BULB/電球<br />時間: 7:00<br /><br />あらすじ:ベニーとおじいちゃんの楽しみは、町一番の人気店であるレモネードスタンドで働くこと。しかし、長い付き合いの隣人Kevinが二人の邪魔をすると決めて。。<br /><hr size="1" /><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/letitrain.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/letitrain.png" alt="letitrain.png" border="0" width="178" height="178" /></a><br /><br /><strong>■ LET IT RAIN/雨よ、降れ。</strong><br />監督: Matt Hardie<br />制作年: 2013<br />TSI: Balloon/バルーン<br />時間: 7:04<br /><br />あらすじ:必ずどしゃぶりにさせる男の話。<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/revive.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/revive.png" alt="revive.png" border="0" width="178" height="178" /></a><br /><br /><strong>■ REVIVE/人生のかがやき</strong><br />監督: Ruben Pracas/プロデューサー:Chae Ryan<br />制作年: 2013<br />TSI: Change/チェンジ<br />時間: 7:05<br /><br />あらすじ:ある若いサラリーマンが、この世の中にあったらなぁと思う変化を自ら実現させるミッションを担う。しかも毎回風変りなスタイルで。<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/time.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/time.png" alt="time.png" border="0" width="178" height="178" /></a><br /><br /><strong>■ TIME/タイムトラベル</strong><br />監督:Liam Connor/ プロデューサー: Lucas Thyer, Julie Forster, Brad Francis<br />制作年: 2013<br />TSI: Balloon/バルーン<br />時間: 7:04<br /><br />あらすじ:時空旅行、行うは易し言うは難し。<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/twisted.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/twisted.png" alt="twisted.png" border="0" width="178" height="178" /></a><br /><br /><strong>■ TWISTED/ツイステッド</strong><br />監督: Stuart Bowen/ プロデューサー: Jodi Matterson & Ilana Laza<br />制作年:2014<br />TSI: Mirror/鏡<br />時間:5:58<br /><br />あらすじ:善玉、悪玉、空気注入<br /><hr size="1" /><br />※TSI(TROPFEST SIGNATURE ITEM)とは毎年作品に与えられるテーマのようなもの。<br />※上記作品はアルファベット順<br />
1271

森、道、市場2015 「リトル オキナワ」③ produced by セソコマサユキ

【ピパーチキッチン】沖縄に移住したばかりのころに、インターネットかなにかでたまたま見かけた情報がなんだか気になって、すぐに出かけたのがピパーチキッチンだった。 仕事でもプライベートでもたくさんのお店を回っているけれど、たぶんその、一番最初。 オーナーのやぶくんは普段はおどけてるけど、 料理となれば一流で、島の食材に次々と魔法をかける。ハンバーグは驚くほどふっくらとしていてジューシー、 野菜は収穫された... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/pipachi.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/pipachi.jpg" alt="pipachi.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【ピパーチキッチン】</strong><br /><br />沖縄に移住したばかりのころに、<br />インターネットかなにかでたまたま見かけた情報がなんだか気になって、<br />すぐに出かけたのがピパーチキッチンだった。<br /> 仕事でもプライベートでもたくさんのお店を回っているけれど、<br />たぶんその、一番最初。 <br /><br />オーナーのやぶくんは普段はおどけてるけど、<br /> 料理となれば一流で、島の食材に次々と魔法をかける。<br />ハンバーグは驚くほどふっくらとしていてジューシー、<br /> 野菜は収穫されたことに気づいていないかのように瑞々しい。<br />どんな料理だって、やぶくんの「作品」になる。 <br /><br />マリヤちゃんが細やかな気配りで動き回っていて、<br />こじんまりとしたこの店をぼくはすぐに好きになった。 <br /><br />こんなにおいしくて、居心地の良いお店が沖縄にあると知れたことが嬉しくて、<br />これからはじまる沖縄での暮らしが楽しみになった。 <br /><br />ぼくがピパーチキッチンに通うのは、いまでもあの時と同じように、<br />おいしい料理と、わくわくと、居心地の良さを感じさせてくれるから。 <br /><br />ここは、沖縄での暮らしの原点のような、大切な、ちいさな食堂。<br /><br /><br /><strong>ピパーチキッチン</strong><br /><a href="http://piparchikitchen.ti-da.net" target="_blank" title="http://piparchikitchen.ti-da.net">http://piparchikitchen.ti-da.net</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1209.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/ohakorute.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/ohakorute.jpg" alt="ohakorute.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />【オハコルテ&オハコルテベーカリー】<br /><br />「世界観」というと、ちょっと簡単に聞こえすぎてしまうけれど、<br />ぼくは「オハコルテ」が生み出す世界観が大好きだ。 <br /><br />そこにあるのは季節のフルーツを使った宝石みたいなタルトに、<br /> 鳥のカタチをしたかわいらしいサブレ。 <br /><br />焼き菓子のお店は何かの物語のなかに迷い込んだような気にさせてくれるし<br />(だからそこにはきっと、童話のなかに出てくるような<br /> おいしそうなお菓子があるに違いない、と期待させてくれる)、<br />ベーカリーカフェは外国のオシャレなカフェにきたような高揚感と、<br /> 一方でいつまでもここでコーヒーを飲んでいたくなるような<br />落ち着きを与えてくれる。 <br /><br />特別な場所のようだけど、実はすごく暮らしに寄り添っていて、<br />だから人はオハコルテにまた行きたくなるんだと思う。 <br /><br />オハコルテはいつだって食べることを楽しくさせてくれて、<br />それをだれかと分かち合いたくさせる。<br />そしてそれが、僕たちの暮らしにささやかな喜びの花を咲かせる <br /><br /><br /><strong>オハコルテ</strong><br /><a href="http://www.ohacorte.com" target="_blank" title="http://www.ohacorte.com">http://www.ohacorte.com</a><br /><strong>オハコルテベーカリー</strong><br /><a href="http://ohacorte-bakery.com" target="_blank" title="http://ohacorte-bakery.com">http://ohacorte-bakery.com</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1240.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br />
1224

『ALPS BOOK CAMP DROPs』③ @森、道、市場

【パタゴニア・ブックス】アウトドアウェア・メーカー「パタゴニア」の出版部門。山、川、海…それぞれのフィールドにおける、人と自然の豊かな繋がり方を、美しい写真と文章で綴ったビジュアルブックは、どれも、その企業文化が滲み出た逸品です。パタゴニア・ブックスhttp://www.patagonia.com/jp/出店情報はコチラ【TOCA by lifart...】松本在住のキャンドル作家・西牧隆行「lifart...」による、生活雑貨のセレクトショップ。自... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150302153246bd6.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150302153246bd6.jpg" alt="07_パタゴニアブックスr" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【パタゴニア・ブックス】</strong><br /><br />アウトドアウェア・メーカー「パタゴニア」の出版部門。<br />山、川、海…それぞれのフィールドにおける、<br />人と自然の豊かな繋がり方を、<br />美しい写真と文章で綴ったビジュアルブックは、<br />どれも、その企業文化が滲み出た逸品です。<br /><br />パタゴニア・ブックス<br /><a href="http://www.patagonia.com/jp/" target="_blank" title="http://www.patagonia.com/jp/">http://www.patagonia.com/jp/</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1307.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150302153246170.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150302153246170.jpg" alt="09_TOCA by lifart" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【TOCA by lifart...】</strong><br /><br />松本在住のキャンドル作家・西牧隆行「lifart...」による、<br />生活雑貨のセレクトショップ。<br />自身の作品はもちろんのこと、<br />国内外から選ばれた、器や雑貨、アンティークも並ぶ。<br />遊び心がくすぐられる、宝箱のような店。<br /><br />TOCA by lifart...<br /><a href="http://toca-lifart.com" target="_blank" title="http://toca-lifart.com">http://toca-lifart.com</a><br />出店情報はコチラ<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/08_amijok.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/08_amijok.jpg" alt="08_amijok.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【amijok】</strong><br /><br />松本に「カフェ史」があるとしたら、<br />「amijok以前・amijok以降」という表現は、<br />誰もが納得するところ。<br />店主・小島夫妻が創り続ける、<br />誰かと繋がり、何かが始まる、コミュニティ拠点。<br /><br />amijok<br /><a href="http://amijoktk.exblog.jp" target="_blank" title="http://amijoktk.exblog.jp">http://amijoktk.exblog.jp</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1284.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/10_niemi.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/10_niemi.jpg" alt="10_niemi.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【niemi】</strong><br /><br />北欧アンティーク食器のオンラインストア。<br />店主は松本在住で、年に数回、自ら現地に赴き、<br />蚤の市を回って、器を仕入れる。<br />女性ならではの感性で選ばれた、<br />でも「可愛い」だけではないアイテムが充実。<br /><br />niemi<br /><a href="http://niemi.jp" target="_blank" title="http://niemi.jp">http://niemi.jp</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1285.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/11_pottelly.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/11_pottelly.jpg" alt="11_pottelly.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【pottelly】</strong><br /><br />松本在住の陶器作家。<br />多肉植物を育てるためのポットが得意で、<br />その独特のフォルムにはファンも多い。<br />器やブローチなどの制作も並行して行い、<br />松本ではグループ展などにも出展。<br /><br />pottelly<br /><a href="http://instagram.com/pottelly_/" target="_blank" title="http://instagram.com/pottelly_/">http://instagram.com/pottelly_/</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1275.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br />
1127

森、道、市場2015 「LIVERARY library」

東海圏を中心とした、ローカル/カルチャーを発信するウェブマガジン「LIVERARY」が、前年に引き続き、またまた<ネット>から<リアル>へと飛び出すことになりました。LIVERARYのコンセプトのひとつであり、名前の由来にもなっている<library(=図書館)>をぼくたちなりのセレクトで森、道、市場に出現させるなら、どんなコンテンツがおもしろいのか?を考えてみました。まずは、図書館のメインコンテンツとなる“本”を扱う、東... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/liverary_morimichi2015.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/liverary_morimichi2015.jpg" alt="liverary_morimichi2015.jpg" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><br />東海圏を中心とした、ローカル/カルチャーを発信するウェブマガジン「LIVERARY」が、<br />前年に引き続き、またまた<ネット>から<リアル>へと飛び出すことになりました。<br /><br />LIVERARYのコンセプトのひとつであり、名前の由来にもなっている<library(=図書館)>を<br />ぼくたちなりのセレクトで森、道、市場に出現させるなら、<br />どんなコンテンツがおもしろいのか?を考えてみました。<br /><br />まずは、図書館のメインコンテンツとなる“本”を扱う、東山のセレクトブックショップ「<a href="http://onreading.jp/" target="_blank" title="ON READING">ON READING</a>」。<br />ハードコア/パンクの流れから派生したDIYなZINEや音楽を取り扱う<br />「<a href="http://egypt-rec.com/" target="_blank" title="EGYPT RECORDS">EGYPT RECORDS</a>」(from大阪)は、前回に引き続き登場します。<br /><br /><br />LIVERARYがつくりだす、いわば架空の図書館「LIVERARY library」は、<br />“本”というコンテンツだけには留まりません。<br /><br />現在進行形の名古屋の老舗カフェ「<a href="http://cafedufi.com/" target="_blank" title="Dufi">Dufi</a>」や、<br />今後名古屋の街に新たな可能性を見出すであろう<br />ポイントのひとつ「<a href="https://www.facebook.com/Nishiasahi150401" target="_blank" title="西アサヒ">西アサヒ</a>」といった憩いのカフェスペースもご用意。<br /><br />前回、ご一緒した「THE SHOP」ディレクター等でも活躍する<br />五十嵐光一擁する「coffee, please」も香ばしい珈琲の香りとともにやってきます。<br /><br />さらに、生活に寄り添うようにアートとライフスタイルの融合を<br />自然体で生み出すスタジオマノマノで 定期開催されている、<br />外畑有満子主催の人気企画「<a href="http://nichiyou-ichi.blogspot.jp/" target="_blank" title="にちよう市">にちよう市</a>」、<br /><br />古き良き建造物に純愛する「<a href="http://shibubuilding.blogspot.jp/" target="_blank" title="名古屋渋 ビル研究会">名古屋渋 ビル研究会</a>」、<br />岡崎を拠点にファッションとカルチャーを発信し続けるセレクトショップ「<a href="http://www.l-o-v-e.jp/store/" target="_blank" title="LOVE">LOVE</a>」…。<br /><br />さまざまなローカル/カルチャーを切り取った、ひとつの小さな商店街のような、<br />新しいスタイルの図書館に今年もなっていきます。<br /><br /><br />そして、今回はLIVERARYともご縁のある、作家さんや、アーティスト/クリエイターたちもお招きして、<br />美術館のような、博覧会のような、町内のイベント的要素も加わります。(そちらは次回ご紹介します)<br /><br /><br />あ、そうそう、もちろん、LIVERARY編集部も登場しますので、皆さん、ぜひ遊びに来て下さいね。<br /><br />Text by Takatoshi Takebe / LIVERARY<br />Design by Ryota Evina / LIVERARY<br /><br />LIVERARY <a href="http://liverary-mag.com/" target="_blank" title="http://liverary-mag.com/">http://liverary-mag.com/</a><br />
1078

森、道、市場2015 「軽食&ミュージックフェスティバル」②

定食& ミュージックフェスティバルひとり事務局のトミヤマカズヤスマキです。埼玉県の川口市にて始まった局所的極小フェス、通称「定食フェス」。川口市を飛び出し、森、道、市場にてエリアをプロデュースすることになりました。今回は素晴らしいライブのお供に、関東を中心に美味しい軽食を携え「軽食& ミュージックフェスティバル」として森、道、市場におじゃまいたします。定食& ミュージックフェスティバルhttp://teisyokuf... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/teisyokufes2_00.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/teisyokufes2_00.jpg" alt="teisyokufes2_00.jpg" border="0" width="500" height="500" /></a><br />定食& ミュージックフェスティバル<br />ひとり事務局のトミヤマカズヤスマキです。<br />埼玉県の川口市にて始まった局所的極小フェス、通称「定食フェス」。<br /><br />川口市を飛び出し、森、道、市場にて<br />エリアをプロデュースすることになりました。<br /><br />今回は素晴らしいライブのお供に、関東を中心に美味しい軽食を携え<br />「軽食& ミュージックフェスティバル」<br />として森、道、市場におじゃまいたします。<br /><br /><strong>定食& ミュージックフェスティバル</strong><br /><a href="http://teisyokufes.web.fc2.com" target="_blank" title="http://teisyokufes.web.fc2.com">http://teisyokufes.web.fc2.com</a><br /><br /><hr size="1" ></A><br />僕は夫婦でヘブンズテーブルという小さなパン屋と教室をやっています。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/h_table_web.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/h_table_web.jpg" alt="h_table_web.jpg" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><strong>【ヘブンズテーブル】</strong><br /><br />自家製の酵母にこだわり、果物、野菜、ハーブ、茶葉、いろんな酵母のパンをつくります。<br />様々な酵母のパンとドリンクで軽食フェスに出店いたします。<br /><br />お店を始めて今年で11年目になります。<br />その中でいろんなイベントに出店させていただきました。<br />僕たちにとってイベント出店は単なる商いの場ではなく、出会いの場でもあるのです。<br />自分で定食フェスというイベントを始めたのも<br />各地でのイベント出店があったからだと思います。<br /><br />今日、紹介する軽食フェス出店者さんはいろんなイベントを通じて知り合った方々です。<br />そして、食べものに対してとても真摯な方々です。<br /><br /><strong>ヘブンズテーブル</strong><br /><a href="http://www.f6.dion.ne.jp/~h-table" target="_blank" title="http://www.f6.dion.ne.jp/~h-table">http://www.f6.dion.ne.jp/~h-table</a><br /><br /><hr size="1" ></A><br />僕たちヘブンズテーブルはご要望があれば全国各地に出店に伺います。<br />栃木県鹿沼市で開催されているネコヤド商店街というイベントに出店した時のことです。<br />噂には聞いていたあるひとりの男性と出会いました。<br />日光珈琲の風間さんです。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/nikko_web.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/nikko_web.jpg" alt="nikko_web.jpg" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><strong>【日光珈琲】</strong><br /><br />北関東独特の人懐こい空気感を身にまとった素敵な方です。<br />その後いろんなイベントでご一緒させていただきました。<br /><br />ある年の夏、野外で出店されていた日光珈琲のブースに遊びに伺いました。<br />もちろん日光珈琲焙煎のコーヒもいただいたのですが、<br />その時にとんでもなく美味しいものをいただきました。<br /><br />かき氷です。<br /><br />そのかき氷こそ日光珈琲の夏を代表するメニュー<br />「四代目氷屋徳次郎」の天然氷を使ったかき氷でした。<br />シャリシャリでそれでいてふんわりとした食感は天然氷ならではのもの。<br />あっという間に口の中で溶けていき、最後には、<br /><br />「ああ、もう君はいないんだ…」<br /><br />という切なさまで感じさせるかき氷です。<br />5月の初夏を感じさせる蒲郡の砂浜で日光珈琲のかき氷をお届けします。<br /><br />音楽と砂浜とかき氷。<br /><br />まったくもって間違いない組み合わせをお楽しみください。<br /><br /><strong>日光珈琲</strong><br /><a href="http://nikko-coffee.com" target="_blank" title="http://nikko-coffee.com">http://nikko-coffee.com</a><br /><br /><hr size="1" ><br />イベント出店の前日は仕込みや準備で睡眠不足、疲労困憊。<br />クタクタになりながら会場に向かいます。<br />忙しさもひと段落してくると、ふと思います。<br />ああ、マサラが足りない、と。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/nogeyama_web.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/nogeyama_web.jpg" alt="nogeyama_web.jpg" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><strong>【野毛山カレー】</strong><br /><br />漂うスパイスの香りが僕らの頭を覚醒させます。<br />青山でとある出店をしていた時に野毛山カレーさんのカレーをいただきました。<br />マサラが不足していた僕の心は満たされて、<br />あまつさえ何か偉業を達成したような気分になるのです。<br /><br />野毛山カレーハイ。<br /><br />僕はそう呼んでいます。<br />僕らの友人がたまたま野毛山カレーの宮田さんと友達で今回、<br />お声をかけさせていただきました。<br />憧れのロックスターにファンレターを出したようなものです。<br />お返事をいただいた際には、興奮のあまり、<br />その日の夕食をカレーにしたのはいうまでもありません。<br />軽食フェスでは、ライブに疲れたあなたにマサラを注入してくれますよ。<br /><br /><strong>野毛山カレー</strong><br /><a href="http://www.ncs.am" target="_blank" title="http://www.ncs.am">http://www.ncs.am</a><br /><br /><hr size="1" /><br />きっと、5月の蒲郡の砂浜には太陽の日差しが燦々と輝いているのでしょう。<br />軽食フェスにも太陽がいます。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/wato_web.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/wato_web.jpg" alt="wato_web.jpg" border="0" width="437" height="432" /></a><br /><br /><strong>【wato kitchen】</strong><br /><br />初めてお会いした時のwatoさんの笑顔の暖かさは忘れられません。<br />その笑顔には打算や下心などは一切なく、ただ楽しいから笑っている。<br /><br />そんな笑顔なんです。<br />そうまるで太陽のような。<br /><br />空に浮かぶ太陽の日差しを燦々とうけたお野菜が、<br />watoさんの太陽の笑顔に再び照らされます。<br /><br />僕はwatoさんのつくるスープが好きです。<br /><br />やさしくじっくりと食材の旨みが溶けだしたスープ。<br />満足なる一杯をいただいた時に僕は感じます。<br /><br />ああ、お腹の中に太陽が生まれた、と。<br /><br />森、道、市場には太陽が2つ存在します。<br />空から、お腹からみなさんを照らします。<br /><br /><strong>wato kitchen</strong><br /><a href="http://blog.watokitchen.com" target="_blank" title="http://blog.watokitchen.com">http://blog.watokitchen.com</a><br /><br /><hr size="1" /><br />ハムの化身のような人だな。初めて会った時に思いました。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/shirota_web.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/shirota_web.jpg" alt="shirota_web.jpg" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><strong>【成城城田工房】</strong><br /><br />「あなたは食べものでできている」<br /><br />という言葉があります。<br />あなたの心と体はすべて何を食べてきたか、で決まるというのです。<br />そして僕はこうも思います。<br /><br />「食べものはあなたでできている」と。<br /><br />城田さんがソーセージの化身にみえる理由は、<br />城田さんがつくるソーセージにあります。<br /><br />群馬県吾妻郡の片桐農場の、城田さんの大学時代の同級生が<br />大切に育てた豚を必要最低限の添加物で作った、<br />安心・安全・おいしい、自家製ハム・ソーセージ。<br />ソーセージも城田さんもやさしい顔をしているのです。<br /><br />定食フェスは過去3回開催しているのですが、<br />毎回出店くださっています。<br /><br />そして僕たちが出店するイベントで必ず一緒になる城田さん。<br />ある時は多摩川の河川敷で、ある時は団地の広場で、<br />香ばしい炭の香りを漂わせます。<br />森、道、市場の会場で炭の香りを感じたら、<br />それはソーセージチャンスですよ。<br /><br />名物、ぐるぐるうずまくソーセージ「うずまきちゃん」をぜひ味わってください。<br /><br /><strong>成城城田工房</strong><br /><a href="http://seijohamu.com" target="_blank" title="http://seijohamu.com">http://seijohamu.com</a><br /><br /><hr size="1" /><br />小野田さん、コイケさん2号、セイシロウ、坪田さん、オツキサマ…<br />これは一体なんのことなんでしょう?<br />実はこちらはカフェtojoさんの自家製酵母の名前なんです。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/tojo_web.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/tojo_web.jpg" alt="tojo_web.jpg" border="0" width="437" height="432" /></a><br /><br /><strong>【café tojo】</strong><br /><br />それはある普通の夜のこと。<br />インターネットで見つけた一軒のカフェ。<br />トロンボーン奏者である店主のことや<br />お店にある古いギターアンプがすごく気になって<br />いつか行ってみたいなあと思いました。<br /><br />とあるイベントで出店が一緒になって、心密かに興奮していました。<br />打ち上げでtojoさんが話しかけてくれました。<br />その席で僕はあるパフォーマンスをしたのですが、<br />そのパフォーマンスをすごく褒めてくれたのです。<br /><br />僕たちも自家製の酵母でパンを焼くのですが、 <br />café tojoさんのような遊び心のある酵母の名前を聞いて<br />なんだかワクワクしたのです。<br />人の名前のような酵母はそれぞれ何からおこした酵母なのか?<br />クイズの正解は、軽食フェスブースで<br /> café tojoさんにお答えいただきましょう!<br /><br /><strong>café tojo</strong><br /><a href="http://blog.cafetojo.com" target="_blank" title="http://blog.cafetojo.com">http://blog.cafetojo.com</a><br /><br /><hr size="1" /><br />今日は軽食フェスエリアに出店してくださる方々から<br />僕がイベントで知り合った方々を紹介いたしました。<br />いずれの方々も信頼する大切な仲間です。<br /><br />食べものに真摯に向き合い、それでいてユーモアを忘れない方々です。<br />軽食フェスのステージ上では<br />素晴らしいミュージシャンのライブが繰り広げられますが、<br />フードエリアでも素晴らしい料理家のライブが繰り広げられています。<br />お腹が空いたら、ぜひ軽食フェスエリアまでどうぞ!<br /><br />次回は、埼玉県のとあるカフェで知り合った仲間たちをご紹介いたします。<br /><br /><strong>【お詫びとお知らせ】</strong><br /><br />軽食フェス in 森道市場事務局のトミヤマです。<br />森道市場2015の軽食フェスエリアに出店予定でしたサカヤカフェマルヨシさんが<br />事情により出店できなくなりました。楽しみにしていただいた方々、申し訳ありません。<br />謹んでお詫び申し上げます。<br />出店者一同マルヨシさんの分もより一層みなさまに楽しんでいただけるよう<br />頑張りますので、引き続き軽食フェスエリアをよろしくお願いいたします。
1057

『ALPS BOOK CAMP DROPs』② @森、道、市場

「ALPS BOOK CAMP」は、夏の信州、北アルプス山麓にある、湖畔のキャンプ場を舞台にした、屋外型ブックイベントです。自然を讃え、本を愛でる、このイベントのエッセンスを、蒲郡の浜辺にお届けするメンバーについて、少しずつ紹介して参ります。【HIGASHI ALPS】イラストレーター・落合恵による、 雑貨と出版の個人レーベル。コンセプトは「山小屋の売店」。 自然やアウトドアをモチーフにした、どこか懐かしい雰囲気の作品が印象... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/abc_logo_001.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/abc_logo_001.jpg" alt="abc_logo_001.jpg" border="0" width="500" height="337" /></a><br /><br />「ALPS BOOK CAMP」は、<br />夏の信州、北アルプス山麓にある、<br />湖畔のキャンプ場を舞台にした、<br />屋外型ブックイベントです。<br /><br />自然を讃え、本を愛でる、<br />このイベントのエッセンスを、<br />蒲郡の浜辺にお届けするメンバーについて、<br />少しずつ紹介して参ります。<br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150202150038572.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150202150038572.jpg" alt="01_HIGASH ALPS" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【HIGASHI ALPS】</strong><br /><br />イラストレーター・落合恵による、<br /> 雑貨と出版の個人レーベル。<br />コンセプトは「山小屋の売店」。<br /> 自然やアウトドアをモチーフにした、<br />どこか懐かしい雰囲気の作品が印象的。<br /><br />HIGASHI ALPS<br /><a href="http://higashialps.sblo.jp" target="_blank" title="http://higashialps.sblo.jp">http://higashialps.sblo.jp</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1159.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/2015020215004072a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/2015020215004072a.jpg" alt="02_ハナメガネ商会" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【ハナメガネ商会】</strong><br /><br />栃木・益子にある、<br />築100年ほどの古民家で営む古本屋。<br /> 「ヲトメの素人古本」を掲げ選書された、<br />古本はもちろん、こけしを中心とした、<br />「ヲトメ」な雑貨も魅力的。<br /><br />ハナメガネ商会<br /><a href="http://hanamegane.com" target="_blank" title="http://hanamegane.com">http://hanamegane.com</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1090.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150202150041bb5.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150202150041bb5.jpg" alt="03_mountain bookcase" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【mountain bookcase】</strong><br /><br />八ケ岳山麓・小淵沢を拠点に、<br /> 「人と本をつなげる」場を創り出す、<br /> 実店舗をもたない本屋。<br /> 古本に新刊が加わったことで、<br />セレクトの幅も広がり、今後の展開が楽しみ。<br /><br />mountain bookcase<br /><a href="https://www.facebook.com/mountainbookcase" target="_blank" title="https://www.facebook.com/mountainbookcase">https://www.facebook.com/mountainbookcase</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1199.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/alps_04_NABO2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/alps_04_NABO2.jpg" alt="alps_04_NABO2.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【NABO.】</strong><br /><br />国内最大級のオンライン古書店「VALUE BOOKS」が、<br /> 昨年末、信州・上田に開いた、<br />いま注目のブックカフェ。<br /> 目指すのは「街の本屋」の最高峰。<br /> 新しい文化が生まれる拠点。<br /><br />NABO.<br /><a href="http://www.nabo.jp" target="_blank" title="http://www.nabo.jp">http://www.nabo.jp</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1200.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201502021507481ed.jpeg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201502021507481ed.jpeg" alt="05_してきなしごと" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【してきなしごと】</strong><br /><br />信州・松本在住の詩人・ウチダゴウによる、<br /> 詩とデザインを主とした活動体。<br /> 寓意性の高い独特の作風にはファンも多く、<br /> 詩のある暮らしをさりげなく提案する、<br /> 意匠を凝らした制作物にも注目。<br /><br />してきなしごと<br /><a href="http://oo53.com" target="_blank" title="http://oo53.com">http://oo53.com</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1108.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201502021500425df.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201502021500425df.jpg" alt="06_栞日 sioribi" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【栞日 sioribi】</strong><br /><br />松本駅前通りの小さなビルで営む、<br />リトルプレスのセレクトショップ。<br />コーヒースタンドとギャラリーを併設。<br />テーマは「心地よい暮らしのヒント」。<br /> 「ALPS BOOK CAMP」主催。<br /><br />栞日 sioribi<br /><a href="http://sioribi.jp" target="_blank" title="http://sioribi.jp">http://sioribi.jp</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1073.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a>
1044

森、道、市場2015 「リトル オキナワ」② produced by セソコマサユキ

沖縄というと観光地のイメージが強いけど、僕たちにとっては当然、生活の場であって、島の恵みに感謝しながら、日常という暮らしを紡いでいる。うつくしい海、自然があり、南国の食材、おおらかな人々とのやさしい交わり。ものづくりに対して真摯で、暮らしを楽しむ。そいういう環境の中から生まれるものだから、彼らがつくるものは「沖縄にしかないもの」になる。今回紹介するお店は、もしかしたらみなさんの抱いている沖縄のイメ... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/poki1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/poki1.jpg" alt="poki1.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />沖縄というと観光地のイメージが強いけど、<br />僕たちにとっては当然、生活の場であって、<br />島の恵みに感謝しながら、日常という暮らしを紡いでいる。<br /><br />うつくしい海、自然があり、南国の食材、<br />おおらかな人々とのやさしい交わり。<br />ものづくりに対して真摯で、暮らしを楽しむ。<br /><br />そいういう環境の中から生まれるものだから、<br />彼らがつくるものは「沖縄にしかないもの」になる。<br /><br />今回紹介するお店は、もしかしたらみなさんの<br />抱いている沖縄のイメージとは違うかもしれない。<br />でもぼくは、彼らの存在やその姿勢、生み出すものが、<br />いまの「沖縄らしさ」のひとつなんじゃないかという気がしている。<br /><br />会場に訪れるみなさんに、彼らとの交流を通して、<br />沖縄の空気を少しでも届けられたら幸せだな、と思う。<br /><br /><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/poki21.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/poki21.jpg" alt="poki21.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【食パン専門店 ippe coppe】</strong><br /><br />薄いグリーンの扉を開けて中に入れば、<br />そこには山型の食パンが並んでいて、香ばしいパンの香り。<br /><br />国産の小麦と天然酵母に塩と水。<br />シンプルな素材で作られたパンは、澄んだ味わいがする。<br /><br />ふんわりとした食感をそのまま楽しんだり、<br />軽くトーストしたり、サンドイッチにしたり。<br />主役にもなれるし、脇役にもなれる。<br /><br />しっかりとした味わいを感じさせながら、ほかを邪魔しない、<br />すーっとカラダに溶け込んでいくようなやさしいパン。<br />それが、ippe coppeのパン。<br /><br /><strong>ippe coppe </strong><br /> <a href="http://www.ippe-coppe.com" target="_blank" title="http://www.ippe-coppe.com">http://www.ippe-coppe.com</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1049.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/okidonatu.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/okidonatu.jpg" alt="okidonatu.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【しまドーナッツ】</strong><br /><br />島豆腐のおからを使って、焼いてつくるドーナッツ。<br />ジーマーミー(落花生)や紅芋など、沖縄の食材を使ったり。<br /><br />黄色い屋根のちいさな古民家のその店は、<br />名護という本島北部の町にポツンとある。<br /><br />扉を開けたらおとぎ話の世界に飛び込んだみたいで、<br />次々と焼きあがるドーナッツは魔法かなにかで作っているんじゃないかと思えてくる。<br /><br />その日のおやつだったり、家族へのお土産だったり、友人への差し入れだったり。<br />いろいろな理由で、たくさんひとがこのドーナッツを買っていく。<br /><br />それは、ドーナッツがおいしいから、というのはもちろんなんだけど、<br />「自分の暮らしの中に、このお店があることがうれしい」、<br />そんな風に思わせてくれるお店だからなんじゃないだろうか、と僕は思っている。<br /><br /><strong>しまドーナッツ</strong> <br /><a href="http://shimado.ti-da.net" target="_blank" title="http://shimado.ti-da.net">http://shimado.ti-da.net</a><br />出店情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1206.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/okisanndaru.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/okisanndaru.jpg" alt="okisanndaru.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br /><strong>【IKEMA】</strong><br /><br />「自分の足にあったものを、長く大切に履いてもらいたい」。<br /><br />そんな思いで、宮古島にある工房兼お店に訪れた人だけに、<br />足のサイズを丁寧に測り、サンダルを作っていた。<br /><br />その穿き心地は評判で、宮古島の隣、伊良部島出身の彼は<br />「ものづくりは暮らしの一部なんです」と笑った。<br />昨年末に山口県に移住して、あたらしい暮らしの場づくりに勤しんでいる。<br /><br />工房で、大きな背中を丸くして作業する姿や、<br />革について語り始めると止まらなかったことを思い出す。<br />あたらしい場所では長らく準備していた靴や鞄の製作を本格化させるといっていた。<br /><br />ぼくはサンダルを持っているのだけど、穿きやすく、歩きやすくて、<br />どんな場面でも違和感なく馴染む、まさに暮らしに寄り添ってくれているような感覚。<br />だからめっきりほかの靴の出番が減ってしまった。<br /><br /><strong>IKEMA</strong><br /><a href="http://ikema.petit.cc" target="_blank" title=" http://ikema.petit.cc"> http://ikema.petit.cc</a><br />出店者情報は<a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/blog-entry-1048.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a>
1043

森、道、市場2015 「cafe journal」

[ cafe journal ]気ままなふらり旅とカフェで過ごす時間が好きで、2007年に『カフェうらら』、2010年に『-tokyo-にじいろカフェ』、そして2013年に『cafe journal』という本を発行しました。『cafe journal』は、日本各地で出合って心の琴線に触れたカフェを自分の目線で案内する、とてもささやかなリトルプレスです。「森、道、市場2015」ではそのvol.3の初お披露目とともに、これまで掲載させていただいた全国の魅力あふれるカ... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201501261740391e7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201501261740391e7.jpg" alt="cafe journal1" border="0" width="500" height="335" /></a><br /><br /><strong>[ cafe journal ]</strong><br /><br />気ままなふらり旅とカフェで過ごす時間が好きで、<br />2007年に『カフェうらら』、2010年に『-tokyo-にじいろカフェ』、<br />そして2013年に『cafe journal』という本を発行しました。<br /><br />『cafe journal』は、日本各地で出合って心の琴線に触れたカフェを<br />自分の目線で案内する、とてもささやかなリトルプレスです。<br /><br />「森、道、市場2015」ではそのvol.3の初お披露目とともに、<br />これまで掲載させていただいた全国の魅力あふれるカフェから<br />お菓子やお茶など“とびきりおいしいもの”を仕入れてご紹介します。<br /><br />蒲郡の海辺で、ちょっと遠い場所に想いを馳せながら<br />しあわせの味を噛みしめていただけますように……<br /><br /><br /><strong>編集者 こんどうみき</strong><br /><a href="http://www7a.biglobe.ne.jp/~m39k" target="_blank" title="http://www7a.biglobe.ne.jp/~m39k">http://www7a.biglobe.ne.jp/~m39k</a><br /><br /><strong>うらら文庫</strong><br /><a href="http://urara.thebase.in" target="_blank" title="http://urara.thebase.in">http://urara.thebase.in</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/20150126174041eb1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-74.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/20150126174041eb1.jpg" alt="cafe journal2" border="0" width="500" height="322" /></a><br />
1040

森、道、市場2015 海辺の週末サーカス『シロクマ座』①

音楽隊のパレード音にながれる植物からだを揺らす動物たち色とりどりの風船今にも動き出しそうなお菓子たち絵描きの旅人古い木馬や椅子遊びつかれて眠るぬいぐるみたち古い絵の具のパレットに水を落としたときのような オルゴール箱のねじを回して手を離したときのような枕元で読んでもらった絵本の世界を夢のなかに連れていくようなそんなちいさな絵本のなかの移動サーカスが二日間だけ森道市場に登場します。< 旅するシロクマ >... <a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/201501051145080a4.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-80.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/201501051145080a4.jpg" alt="しろくま座1" border="0" width="500" height="314" /></a><br /><br />音楽隊のパレード<br /><br />音にながれる植物<br /><br />からだを揺らす動物たち<br /><br />色とりどりの風船<br /><br />今にも動き出しそうなお菓子たち<br /><br />絵描きの旅人<br /><br />古い木馬や椅子<br /><br />遊びつかれて眠るぬいぐるみたち<br /><br />古い絵の具のパレットに水を落としたときのような<br /> オルゴール箱のねじを回して手を離したときのような<br />枕元で読んでもらった絵本の世界を夢のなかに連れていくような<br /><br />そんなちいさな絵本のなかの移動サーカスが二日間だけ森道市場に登場します。<br /><br /><strong>< 旅するシロクマ ></strong><br /><br />・旅するシロクマ<br /><a href="http://sirikumasan.jugem.jp/" target="_blank" title="http://sirikumasan.jugem.jp/">http://sirikumasan.jugem.jp/</a><br />・twitter<br /><a href="https://twitter.com/tabishirokuma" target="_blank" title="https://twitter.com/tabishirokuma">https://twitter.com/tabishirokuma</a><br />・Facebook<br /><a href="https://www.facebook.com/tabisurushirokumasan" target="_blank" title="https://www.facebook.com/tabisurushirokumasan">https://www.facebook.com/tabisurushirokumasan</a><br /><br /><a href="http://morimichiichiba.blog.fc2.com/img/!cid_41504A9D-AC6B-4197-AC8B-883D82C85BD3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-80.fc2.com/m/o/r/morimichiichiba/!cid_41504A9D-AC6B-4197-AC8B-883D82C85BD3.jpg" alt="!cid_41504A9D-AC6B-4197-AC8B-883D82C85BD3.jpg" border="0" width="480" height="480" /></a><br />
    Return to Pagetop